千と千尋の神隠し舞台モデル地台湾の場所!あの線路も日本に実在?

今回千と千尋の神隠し舞台モデル地台湾の場所!あの線路も日本に実在?という事でジブリの代表作と言っても過言ではない「千と千尋の神隠し」

その世界観は独特なものがあり、何度見ても飽きる事のない名作ですね。そして、舞台、モデルとなった場所もかなり数多く存在する事が今回分かりました。

今回この記事を読んでいただけたら、もっと千と千尋の神隠しの世界が好きになる事間違いなしです!

では早速千と千尋の神隠し舞台モデル地について確認していきましょう。

>>千と千尋の神隠しや他ジブリ作品を安全無料視聴はこちら

千と千尋の神隠しの舞台モデル地は台湾が有力!アクセス方法も確認

出典:blog.pokke.in

千と千尋といえば、鮮やかな町並みと美しい油屋が印象的だと思います。

その舞台と言われているのが、台湾北部の港町基隆付近にある、新北市瑞芳区の九份という場所みたいです。
確かに、料理屋がずらっと並び、赤ちょうちんが並ぶ姿が千と千尋の神隠しの町並みにそっくりです。
そんな九份までのオススメの行き方は、台北駅から忠孝復興駅までまず地下鉄に乗って移動します。

そのあと忠孝復興駅から出ている九份までのバスに乗ると乗り換えなしでいけるので便利ですよ。

そして九份にいくなら、夕方からがオススメ!

提灯が灯るのが夕方からなので、あの綺麗な町並みが更に提灯に照らされレトロな雰囲気が漂い雰囲気が抜群です。
暗くなってからも素敵ですが、夕日と提灯の雰囲気がとても綺麗なので是非夕方を狙ってみて下さい。

ここまで、九份についてお話してきましたが、実はこの九份は正式にはモデル地ではないそうです。
宮崎駿監督自身が否定しており、ジブリ公式が出しているモデル地にものっていないみたいですね。
でもこれだけ似ていればモデル地として、人気になるのもわかります。

実際千と千尋のモデル地ツアーとして、組み込まれているのも見たことがありますし、正式ではなくともこの雰囲気に浸れるなら行ってみたいと思う人も沢山いるのではないでしょうか。

>>千と千尋の神隠しや他ジブリ作品を安全無料視聴はこちら

スポンサードリンク

千と千尋の神隠しの油屋のモデルとなった温泉は実際どこにある?

出典:coat.jp

では実際、あの美しい油屋は何を元にして描かれたのでしょうか。これもはっきりとここがモデルです、といったのはないようでした。

宮崎駿監督が、色々な旅館や温泉を参考にしたので特定の場所はないと答えているみたいです。
その中でも道後温泉などは参考としてはいっているそうです。

モデルとしての正解はありませんが、数々の温泉を参考にして作り出されたということですね。
それではモデルの参考と言われている場所を紹介していきます。

千と千尋の神隠しの舞台モデル地〜長野の老舗旅館の外観が油屋に似ている

出典:kanaguya.com

長野県下高井郡山ノ内町にある、老舗旅館「金具屋」もまた千と千尋のモデルになったのではないかとされている旅館です。

2003年に「斉月楼」と「大広間」が登録有形文化財になった事でも有名です。
四階建ての建物は、一部屋ずつ作りが違っていて、宿泊に来た人を飽きさせない工夫が凝らされているみたいです。

千と千尋が公開されてからは、ここがモデルになっているのではと瞬く間に全国に知れ渡りました。
確かに夜、館内の証明が灯るとその外観は油屋にそっくりなんです。
油屋は色々な旅館を参考に作られていると言われれば、確かに金具屋が参考になってる説もあるかもしれませんね。

>>千と千尋の神隠しや他ジブリ作品を安全無料視聴はこちら

千と千尋の神隠しの舞台モデル地〜群馬にある旅館は宮崎駿監督が宿泊に

出典:sekizenkan.com

群馬県にある四万温泉「積善館」は、千と千尋のモデルとなった旅館とされています。

実際に、この旅館には宮崎駿監督が宿泊しにこられたそうです。確かに旅館の前の赤い橋から見る景色は千と千尋の世界のようです。

また更にそっくりな点は、二階の廊下にあります。
千尋が千となり住み込みで働く際に、二階で過ごすシーンがあり、そのシーンが積善館の2階廊下とそっくりなんです。
実際に宮崎駿監督がきた事などからかなり有力なモデル地だと思います。

スポンサードリンク

千と千尋の神隠しの舞台モデル地〜山形のノスタルジックな温泉街

出典:ginzanonsen.jp

山形県尾花沢市にある「銀山温泉」も、実は千と千尋の神隠しのモデルなのではないかとされています。
大正時代を感じさせる町並みで、日が暮れたガス街の美しさは圧巻です。

旅館の正面に赤い橋がかかっており、湖に面していることから千と千尋の神隠しにそっくりだという噂になったようですね。

確かに独特な作りで、銀山温泉もモデルの一つとして参考にされていると言われれば納得の風景ですよ。

千と千尋の神隠しの舞台モデル地〜水の中を走るあの線路は日本にも存在した?

出典:https://albblo.com/

千がカオナシを連れて電車に乗るシーンを覚えていますか?
あのシーンで海の中に線路があり、その上を電車がはしっているのですが、そのシーンにそっくりな場所が実在するそうです。

それがカリフォルニア州のタホ湖にあるそうなんですが、実は日本にもその雰囲気を味わえる場所があるとか。
その場所というのが、愛媛県の下灘にある「下灘駅の線路」だそうです。
確かに海の中に線路があって、まるで千と千尋の世界に連れて行ってくれそうな雰囲気がありますね。
狙いは夕暮れ時で、とても綺麗な景色を見れるとか。

>>千と千尋の神隠しや他ジブリ作品を安全無料視聴はこちら

スポンサードリンク

千と千尋の神隠しの舞台モデル地〜日本では他にどこがあるの?

モデルになっていると噂される旅館を紹介しましたが、まだまだモデル地は日本にあります。

まず東京武蔵小金井にある「武居三省堂」はジブリが公式にモデルとして公言しています。
釜爺の部屋そっくりで、まるで釜爺やススワタリに会えるようなきがします。

また、リンが千を海の上の駅に送り届ける際に使っていたたらい舟は、新潟県佐渡市の「力屋観光汽船」がモデルになっているのではとされているそうですよ。

千と千尋の神隠しの舞台モデル地〜中国が再現されている?

出典:https://4travel.jp/

千と千尋の神隠しのモデルが中国ではないかという噂があるのは、風景が中国そっくりという所からきているようです。

確かに上の写真もそうですが、赤提灯のこの雰囲気・・千と千尋の世界を彷彿とさせますよね。

実際に千と千尋の舞台を描いている際に、これでは中国に似ているとされたことから、色々変更を加えたとされているみたいですよ。
宮崎駿監督含めジブリ製作者も、中国に一度も行っていないことから中国がモデルというのはただの噂のようですね。

千と千尋の神隠し舞台モデル地まとめ

調べてみると沢山の千と千尋の舞台にそっくりな場所があり、実際にモデルとされてる場所もありました。
どこの景色も千や湯婆婆に会えるような雰囲気があって、そのシーンまで思い出せそうですよね。
モデル地としての正解はありませんので、色々な場所を実際にみてみて、自分なりに1番似ていると感じる場所を探しにいってみるのも楽しいかもしれません。

では本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

>>千と千尋の神隠しや他ジブリ作品を安全無料視聴はこちら

スポンサードリンク

スポンサーリンク