麻雀放浪記2020映画の舞台挨拶と試写会情報は?

今回は麻雀放浪記2020映画の舞台挨拶と試写会情報は?という事で公開前から何かと注目を集めている映画『麻雀放浪記2020』。

主演は人気俳優の斎藤工、監督は数々の傑作映画作品を生み出している白石和彌監督ということで、一般公開よりも一足先に試写会に行ってみたい!監督や俳優の姿を直接見ることのできる舞台挨拶に行ってみたい!という方も多勢いらっしゃるのではないでしょうか。

2019年の話題作になること必然!『麻雀放浪記2020』の舞台挨拶や試写会情報について調べてみました。

麻雀放浪記2020の舞台挨拶や試写会情報は??

 

引用:https://eiga.com

麻雀放浪記2020は、一般的な試写会に先行して国会議員試写会が1月31日に東京・衆議院第一議員会館にて行われました。

あまりにセンセーショナルな内容ゆえに、マスコミにも一般観客にも公開日まで一切試写会を行わないという異例の試み。

そして日本映画史上初!完成作を披露しないイベントが3月20日に開催されました。

ただ、今後の新たな舞台挨拶や試写会情報は上がってきていないようですね・・。

これからの情報を待ちたいと思います。

スポンサードリンク

「麻雀放浪記2020の予告動画と作品情報」

  • 監督 白石和彌
  • 原作 阿佐田哲也『麻雀放浪記』
  • 脚本 佐藤佐吉・渡部亮平・白石和彌
  • 音楽 CHAI「Feel the BEAT」
  • 映画公開日 2019年4月5日

前作である『麻雀放浪記』を現代風に大胆アレンジ!

主演を務める斎藤工は、同作のファンであり再映画化を望んでいたそうです。斎藤工自ら企画し、構想に10年を費やして、ついに実現となりました。

予告動画からも熱の入りようが伝わってきますね。

監督を務めるのは『凶悪』や『孤狼の血』で数々の賞を受賞し、今もっとも注目を集めている白石和彌監督。

しかも全編iPhoneで撮影するという斬新な手法を用いています。

天才肌の役者・斎藤工と鬼才・白石和彌監督がタッグを組んだ新生『麻雀放浪記』の誕生です!

麻雀放浪記2020のネタバレあらすじは?

引用:https://eiga.com

戦後間もない1945年、主人公・哲はいつものようにオックスクラブで麻雀を打っていました。

麻雀の世界では、伝説の役「九蓮宝燈」でアガった者は雷に打たれ命を奪われるという言い伝えが存在しました。

そんなある日のこと哲は伝説の役満を出し、言い伝えのごとく雷に打たれてしまうのです。

雷に打たれた哲は、あろうことか2020年の世界にタイムスリップしてくるのです。

哲が初めて見る2020年の日本は、世界大戦の勃発によって東京オリンピックの開催が中止になってしまいました。

さらに人口減少や少子高齢化などの深刻な問題を抱えており、街には失業者も溢れていました。

なぜなら進歩したAIの活躍によって人間の働き手が必要なくなったからです。

そんな夢も希望もない2020年の日本へタイムスリップしてきた哲。

最初は戸惑いながらも、現代でも麻雀の道で生きることを選びます。

次第に現代の麻雀界でも名を上げていく哲。

しかし、その代償で思いもよらぬ事態に巻き込まれようとは…。

スポンサードリンク

麻雀放浪記2020のキャスト情報

坊や哲(斎藤工)

1945年からやってきた若き天才ギャンブラー。“坊や哲”あらため“ふんどしの哲”という異名通り、麻雀を打つ時はふんどし姿になります。

ドテ子(もも)

天真爛漫でキュートなヒロイン。メイドの傍ら地下アイドルをしているという設定で、主人公・哲を支えます。

八代ゆき(ベッキー)

「オックスクラブ」のママ。妖艶な容姿とはうらはらに、見事な牌さばきを披露します。

ドサ健(的場浩司)

プロの勝負師。その腕は確かなものの、相手につけ入り、金を無心するような男。哲に賭博のテクニックを教える代わりに、哲を利用しました。

出目徳(小松政夫)

原作での冷酷な勝負師とはうって変わって、飄々とした明るいキャラクターに生まれ変わった出目徳。哲を相方にして、一人前にするために麻雀のいろはを教え込みます。

麻雀放浪記2020映画の舞台挨拶と試写会情報まとめ!

では今回は麻雀放浪記2020映画の舞台挨拶と試写会情報について確認してみました

。主演である斎藤工自ら“問題作”だと公言する『麻雀放浪記2020』。そのあまりにセンセーショナルな内容に一時は公開も危ぶまれたと言われていましたが、無事に公開されるようで一安心ですね。

なにもかもが規格外の映画『麻雀放浪記2020』、ますます映画への期待が高まりますね!

>>麻雀放浪記2020ネタバレあらすじ結末ラストは?

スポンサードリンク

スポンサーリンク