ハウルの動く城の都市伝説は怖い?あるおとぎ話の迷信が○○!

今回はハウルの動く城の都市伝説は怖い?あるおとぎ話の迷信が○○!という事で10個の都市伝説を集めました。中にはちょっと怖いなと感じるものや、摩訶不思議な話など、盛りだくさんの内容なのでお楽しみに!

ではハウルの動く城の都市伝説は怖い?についてお話していきます。

 

目次

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?①〜ソフィーの持つ不思議な力について

 

では次の都市伝説です。

ハウルの動く城での主人公である少女ソフィーはとても不思議な力を持っています。

原作での設定では「ソフィーは生命を吹き込む魔法を持っている」とされています。

しかしハウルの動く城でここがそのシーンだ!と明確にわかるシーンを見たことがありますか?

実はハウルの動く城ではこのソフィーの能力があまり明確に描かれていません。

なぜソフィーの能力について宮崎監督は曖昧な描写にしたのでしょうか。。

監督のコメントはこうです。

「問題点を他人や環境のせいにするのではなく、自分自身に応えがあることを知ってほしかったから」

この事からソフィーは単なる魔法使いのような存在ではなく、信じて努力する事で叶えられるものがある、と言った事を表現してるのではないかとされています。

現に、ラストのシーンでソフィーがハウルに心臓を返すシーンがあります。

本来ならそこでカルシファーは消えてしまう設定になっていたのですがその後もカルシファーは生きていました。

彼が生き延びたのもこのソフィーのカルシファーに対する消えないでほしいという念が叶い、命が吹き込まれたのではないかといった話があるようです。

 

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?②〜ソフィーが老婆になる呪いについて

 

 

では次の都市伝説です。

ソフィーは物語の初めに荒地の魔女から老婆になる魔法をかけられてしまいます。

その設定には実はある人の実体験が元になっているそうです。

その元になった人物というのが「ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」です。

ジョーンは牛乳アレルギーを突如として発症したようで牛乳を飲んだある日、急に身体が衰えてしまい髪は白髪が増え、皮膚はしわしわの老人のようになってしまったとされています。

この様な実体験を元に少女が突如老婆の姿になってしまうといった話を思いついたようですね。

また、この呪いについては解けているシーンが色々考察されていますね。

のちほどこの呪いについても詳しくお話したいと思います。

 

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?③〜戦争のシーンについて

 

 

では次の都市伝説です。

ハウルの動く城には原作があり「魔法使いハウルと火の悪魔」という話が元になっています。

しかしこの魔法使いハウルと火の悪魔という話には戦争シーンはありません。

原作者からはハウルがどのような人であるのかといった性格的要素だけは変えないでくれと頼まれていたのでハウルは原作に伴っています。

 

また、前半は原作通りですが中盤以降はオリジナリティ溢れる作品になっています。

原作には出てこないはずの戦争のシーンに沢山の賛否両論がありました。

原作者はストーリーの変更は宮崎監督の思うようにしてくれと言っていたものの、なぜ宮崎監督は戦争シーンを取り入れたのでしょうか。

宮崎監督はこのようは怖い戦争シーンを描くことは初めてではなく、過去のジブリ作品にも数々戦争シーンを採用しています。

代表的な「火垂るの墓」や、「風の谷のナウシカ」も同様に戦争が起きてしまうシーンが組み込まれています。

そういった過酷なシーンを描くことで生きるという事の大変さ、命の尊さを表現したい宮崎監督の思いがこめられているのではないかと言われています。

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?④〜ソフィーの性格について

 

 

では次の都市伝説です。

皆さんはソフィーにどのような印象を持っていますか?

きっとほとんどの人が「大人しい」「控えめ」「謙虚」「自信がなさそう」といったような印象を持っていると思います。

ではなぜヒロインであるソフィーは誰がみてもその様な印象を持たれるような少女として描かれているのでしょうか。

これにはあるおとぎ話からくる言い伝えがからんでいるようです。

「長女は運がとても悪いから、何をしても成功できない」

という迷信がイギリスのおとぎ話の中にでてくるそうです。。

なんともネガティヴな怖いおとぎ話ですが^^;

このおとぎ話が元になり、ソフィーはこの迷信が本当なのではないかと信じ込んでしまっているため自分に自信がないような大人しい少女として描かれているのではないかとされています。

現に妹はとても活発そうで若々しい女性として描かれていますね。

それはきっと妹はそんな昔の言い伝えなどを気にする必要もない、または迷信のようなものは信じない性格だったのではないでしょうか。

しかし物語が進んでいくにつれただの自信のない少女だったソフィーから、自分で色々な問題に向かってい勇気のある賢明な少女にかわっていっています。

これも明るく優しいハウルと一緒に過ごして行くうちに少しずつ変わっていくソフィーの心情を表しているのではないかと言われています。

 

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?⑤〜ソフィーの容姿の変化について

 

 

では次の都市伝説です。

先ほどソフィーの呪いについて少し触れましたが、物語の中でソフィーがお婆さんになったり少女になったりと、ころころを姿を変える事を不思議に思った事はありませんか?

この容姿がころころと変わる呪いが解けるタイミングは様々な考察があります。

初めからかかっていなかった、ハウルとであった時、ハウルと気持ちが通じ合った時、など、ここははっきりと発表されてません。

しかしこの呪いについては「ソフィーの気持ちによって容姿が変化する」といったような呪いがかかっているようです。

あるシーンをいくつかみてみると、サリマンにカッとなってハウルの良さを熱弁している時は我も忘れて熱弁しています。

このときのソフィーは元の少女に若返っているソフィーの姿です。

これはきっとハウルへの恋心が思わずサリマンへの反論に混じってでてきてしまっている事からの若返りです。

しかしサリマンから「ハウルに恋をしているのね」といわれた途端に呪いをかけられた後の老婆に戻ってしまっています。

この事から恋心に気付きハッと我に返り恋心を抑えた為なのでは?という見方があるようです。

また花畑のシーンでも綺麗な少女に戻っていますね。

これもハウルへの恋心から、ハウルと素敵なお花畑で過ごしている気分の高揚からなるものだと考えられます。

他にも、少女と老婆の姿の他にしわしわの老婆と生き生きとした老婆のような変化もあります。

これは塞ぎこみ自信がない心情のソフィーの姿と、目標や生きがいを見つけ過ごしていることからくる変化なのではないかとされているようです。

 

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?⑥〜城が動く理由とは?

出典:https://www.cinemacafe.net/

では次の都市伝説です。

タイトルにもなっているハウルの動く城ですが、原作は別の場所へと繋がる扉があるだけで動いてはいません。

確かに別の場所へと通ずる扉があれば動かす必要がないように思えます。

ではなぜ城をわざわざ動かす必要があったとかというと、二つの理由が関係しているようです。

まず一つ目は、ハウルは女性の心臓を奪ってしまうからです。

実際に心臓を奪ってしまうシーンはありませんのでこれは女性を惚れさせてしまうという事ですね。

ハウルに惚れた女性が沢山押しかけてきてしまうようで、その女性達から逃げるべく城を動かしているようです。

そして二つ目は、戦争やハウルを追っている政府などから逃げるためではないかとされています。

作品の中で何度か戦争シーンが描かれていますが、ハウルは本来臆病な性格です。。

ハウルが怯えているシーンが作中でも描かれていますが、そんな戦争から逃げるべく出来るだけ遠くに、平和な世界を目指して動かしているのではないかとされています。

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?⑦〜カカシの呪いについて

 

 

では次の都市伝説です。

ソフィーがおばあさんの姿になって町をでた後すぐに出会うカカシ。

頭がカブ頭みたいということでソフィーからカブと名づけられましたね。

その後もソフィーと共に行動し、体をはってソフィー達を助けるシーンもとても感動的でした。

最後のシーンで愛する人(ソフィー)からの口付けでカカシの姿から凄くかっこいい王子への姿へ戻るのもとても印象的です。

そんなカカシですが隣の国の王子というぼんやりとした人物増しか作中で出てきません。

ではなぜその王子はカカシになる呪いをかけられ一体誰がかけたのでしょう。

実はその呪いをかけたのはサリマンだという噂があります。

サリマンは様々な事を操る黒幕的な存在です。

隣国の王子が帰ってこない、行方不明だとなればその国は黙っていません。

王子がさらわれたと勘違いし戦争が起きるように仕組んだのではないかとされています。

本当かどうかはわかりませんがそうなれば手段を選ばず自らの手は汚さないサリマンらしい戦略ですね。

 

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?⑧〜犬は味方?敵?

 

 

では次の都市伝説です。

国王に会いに行く途中にソフィーは犬と出会います。

この場面では姿を変えて着いて来たハウルだと勘違いしてソフィーは犬を抱えていきます。

しかしハウルではなかったこの犬の正体は何なのでしょうか。。

はっきりとした説明はでていないので作中から読み取ると、宮殿にはいるとサリマンの椅子の下へ歩いていってしまうことからサリマンの手下だとわかります。

そしてこの犬は自分がみている景色をサリマンの水晶へ映し出す事ができます。

ハウルと過ごすソフィーの元へ送り込まれたスパイ的存在ですね。

そんな犬の名前は「ヒン」というのですが、サリマンに「浮気者」といわれるシーンがあります。

なぜそのように言われたかというと、サリマンから情報を送るようにされていたヒンですがあまりにソフィーに懐いてしまい、その任務を途中でやめてしまったのです。

関わった者をどんどんと惹きいれてしまうソフィーにこのヒンもやられてしまったのではないかといった話があるようですね。

 

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?⑨〜荒地の魔女について

 

 

では次の都市伝説です。

荒地の魔女はハウルの心臓を狙っていましたが、なぜそこまでハウルに執着し、なぜハウルと知り合いだったのか気になった事はあリませんか?

まず大前提として荒地の魔女というのは初めから悪い魔法使いだったというわけではなく、むしろ素晴らしい魔法使いだったと言われています。

それはサリマン自身も認めており、作中で荒地の魔女の事を昔は素晴らしい魔法使いだったといっています。

それではなぜ今のような魔女になったかというと更なる力を求めて、悪魔と取引をしてしまった為に身も、そして心までもを奪われてしまったとされています。

ハウルはサリマンの弟子であった事から、そんな魔女の噂をサリマンから聞いていたのでしょう、かつては素晴らしい魔法使いだったといわれていた魔女に興味を持ち自ら会いに行ったのではないかとされているようです。

しかし会いに行ったその頃にはもう魔女は悪魔との契約を結んでしまっていて、その姿に驚いてしまったハウルは逃げ出してしまったのではないかということです。

そして自分の前に現れたハウルはとても美しくとても優秀な魔法使いだった事から、魔女と契約した悪魔がハウルの心臓がほしくなりハウルの心臓を狙っていたのではないでしょうか。

悪魔とはより良い力を求め次々と乗り移って行くイメージがありますね。

そんなことから素晴らしい荒地の魔女の力を手に入れた悪魔でしたが、目の前に更に魔力が強く若く美しいハウルが現れた事で次はハウルと契約を結ぼうとしたのではないかとされているようです。

つまり単なる荒地の魔女自身が美しいハウルに興味を持ちハウルを狙っていたのではなく、魔女と契約し乗っ取った荒地の魔女の中に潜む悪魔が次にハウルを狙っていたのではないかという噂です。

ハウルの動く城の都市伝説は怖い?⑩〜監督について

出典:https://toyokeiazai.net/

 

では次の都市伝説です。

ハウルの動く城が元々実は宮崎監督が撮る予定ではなかったという話があります。

では一体誰が撮る予定だったのでしょうか。

それは実はあの細田監督だったという話があります。

細田監督といえば代表的な「時をかける少女」や「おおかみこどもと雨と雪」といった素晴らしい作品を手がけています。

実はこの細田監督というのはスタジオジブリに入る事を希望していたようですが、宮崎監督にジブリにいてはあなたの才能が勿体ないといったようなとても名誉な落とされ方をしています。

その細田監督がハウルを作ろうとしていた、となればとても素晴らしい作品が生まれていたのでは?と思いますがなぜ監督が変わってしまったのでしょうか。

公式では細田監督の母親が体調不良になってしまった為とされていたようですが実はそうではないようです。

細田監督ではあの絶妙な魔法の世界観が作り込めなかったなどといった噂もあるようです。

しかし実際にはハウルの動く城に携わるスタッフ不足による製作の遅れや、ジブリ側との意見の違いから細田監督から宮崎監督にかわったのではないかとされています。

東映アニメーションに在籍していた細田監督が憧れであったスタジオジブリへ携わったものの途中で降板となればかなり落胆したでしょう。

真相ははっきりわかりませんが細田監督が手がけたイラストは、今もスタジオジブリに眠っているという噂です。

>>ハウルの動く城 キャラクターの一覧表!年齢や小ネタも!

 

まとめ

では本日はハウルの動く城の都市伝説は怖い?あるおとぎ話の迷信が実は○○!についてお話してきました。

知れば知るほど深い「ハウルの動く城」の都市伝説。またこの都市伝説を知った上で改めて映画をご覧いただくと、面白いかもしれませんね♪

では本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる