娼年(小説原作)ネタバレあらすじ結末!続編の逝年詳細ラストも!

今回は、娼年(小説原作)のネタバレあらすじ結末!続編の逝年の詳細ラストも!という事で、石田衣良の衝撃作品、娼年とその続編である逝年のあらすじも知りたい人は必見の内容となっています。では、早速娼年(小説原作)のネタバレあらすじ結末を見ていきましょう。

>>娼年の映画を今すぐ無料視聴する方はこちら!

娼年の基本情報をチェック!

★娼年の基本情報

原作 石田衣良

発行 2001年7月5日 集英社

 

こちらの「娼年」は126回の直木賞候補作にも上がった作品で、続編の「逝年」とともにとても話題になった作品です。

しかも、石田衣良にとって初となる長編の恋愛小説だったという事で、記念すべき第1作品でもあります!

 

初にしてはなかなか深いというか・・

かなり衝撃的な内容の「娼年」。。

 

この小説は続編の「逝年」とセットで読んで初めて物語が完結しますので、、

 

ぜひ今回は続編の「逝年」のネタバレあらすじも紹介しますのでお楽しみにしていただきたいと思います(*^^*)♪

 

ではまずは「娼年」の詳細ネタバレあらすじ結末の前に、簡単に登場人物の紹介だけしていきたいと思います!

 

★娼年の登場人物をチェック

 

森中領(もりなか りょう)

大学生で20歳。学校には週に1回しか行っていない。恋愛も学校にも魅力を感じておらず、アルバイトでバーで働いている。

 

白崎恵(しろさき めぐみ)

リョウの大学の同級生で、密かにリョウに想いを寄せている。いつもゼミのノートの代返をする代わりに、リョウのバーでは料金なしで飲む事ができる。

 

御堂静香(みどうしずか)

ボーイズクラブ「ル・クラブ・パッション」のオーナーで40代。

 

咲良(さくら)

生まれつき耳の聞こえない少女。「ル・クラブ・パッション」で働いている。

 

田島進也(たじましんや)

中学の時のリョウの同級生で、今はホストとして働いている。とても自分に自信を持っていてすぐ調子の良い事を言ってしまう性格。

 

平戸東(ひらとあずま)

「ル・クラブ・パッション」の娼夫だが、特別なVIP客を相手にしている。一風変わった性癖を持っている。

 

では、早速娼年のネタバレあらすじを紹介していきたいと思います!

普通のバーテンダーをしている普通の大学生の「リョウ」。でもこの学生が、ある事がきっかけで今まで知る事もなかった世界に足を踏み入れてしまう・・!

ちょっと過激で、でも目が離せない!きっとあなたも「リョウ」にクギ付けになる事間違いなしです

スポンサードリンク

娼年のネタバレあらすじ〜御堂静香との出会い

 

「セックスはいつでもぼくには手にはいるものだった」

そう語る容姿端麗の森中 領 (リョウ)はとあるバーでアルバイトをする大学生。

リョウは幼い頃に母親を亡くしている過去があり、そのせいもあってか、自分の日常が退屈でつまらない意味のないものに感じていました。

大学の授業も自分に好意を寄せている白崎 恵 (メグミ)に自分のバーでの料金を無料にする代わりに代返を頼むなどして、目的もやる気もないまま生きる毎日。

 

そんなある日、「良い金づるが見つかった」と幼馴染でホストをしている田島 進也 (シンヤ)がリョウの働くバーに御堂 静香 という女性を連れて来ます。

 

御堂静香は40代で不思議な魅力を持つ女性でした。

バーでリョウはシンヤとカクテルの味の競い合いなどをして御堂静香をもてなし、彼女はシンヤと共に店を後にします。

リョウが彼女の席の後片付けをしていると、そこには御堂静香がリョウに残した名刺があり、その裏には工藤静香の連絡先が書かれていました。

リョウは御堂静香がホスト遊びが好きなどこかのクラブのママだと思い込み、連絡しませんでしたが、一週間後に御堂静香から電話がかかってきます。

そこで御堂静香が女性向けに性を売るクラブのオーナーだという事を知らされ、リョウもそこで働いてみないかと持ち掛けられました。

テストとしてリョウは御堂静香と食事をし、御堂静香のマンションの一室で御堂静香とベッドインしようとしますが、そこで咲良という耳の聞こえない女性を紹介され、御堂静香の前で咲良と性行為を行う事になるのでした。

テストの結果、御堂静香は50点で不合格としますが、咲良がもう50点与えた事によりリョウはテストに合格します。

娼年のネタバレあらすじ〜娼夫としての仕事

 

女性もセックスも退屈だという考えを持つリョウは自分の退屈な日常から脱却出来得る「情熱」を探す為に御堂静香のクラブで娼夫になる事を決意するのでした。

御堂静香が選んだリョウの娼夫として初めての客は三十代半ばのヒロミという女性で、初めての仕事に緊張しながらリョウはヒロミと接します。

ヒロミと会ったその日に食事をしてからホテルに入るとリョウは予想していましたが、ヒロミはホテルには行かずにタクシーで帰ってしまったのでした。

落胆したリョウは御堂静香に「駄目でした」と報告するのですが、御堂静香はヒロミという客が1回目でベッドインしないのはリョウが気に入られた証拠なのだとリョウに伝えます。

事実、ヒロミはすぐさま次の日のリョウの予約を入れていて、ホテルでリョウと官能的に性行為を行いヒロミを満足させる事に成功しました。

リョウはこの世界の奥深さに困惑しつつも、仕事をこなす事で、自分の知らなかった女性の世界を知っていくのでした。

その中でも特に印象的だったのは、リョウにとっては最年少となる「マリコ」というお客、「イツキ」という初老の女性、そして「泉川夫妻」でした。

マリコの場合は、リョウとは別にその辺の行きずりで拾ってきたという疲れた雰囲気の中年男性も交えて3人での性行為を楽しむ女性でした。

 

マリコは行きずりの中年男性に犯される事で興奮をおぼえるという性癖を持っており、リョウはマリコにとっては、中年男性を引き立たせる為のスパイスであり、マリコにとっての本命はいつも中年男性なのでした。

続いての「イツキ」は同級生の前で失禁した経験から、性行為をするよりも排尿を見られる事でエクスタシーを感じる女性でした。

そんな彼女は、恐る恐るその性癖をリョウに告白し、リョウに自分の排尿を見て欲しいと頼むのでした。リョウは快くその欲求を受け入れ、イツキに寄り添うのでした。そしてイツキをエクスタシーに導いていくのでした。

そして夫婦で依頼があった「泉川夫妻」はもっと変わった遊びが好きな夫婦でした。

糖尿病で車椅子に乗り、命が短い年の離れた夫と若い妻。

そんな夫は自分では妻を満足させる事ができないからと、リョウを買うのでした。

しかも、夫の趣味でその様子は複数のビデオで撮影され、さらには妻からこっそりと、「夫は乱暴に犯される私を見るのが好き」という事も聞いたリョウは、状況を察知し、夫妻の要求に応えるのでした。

夫妻はその結果に期待以上に満足して、リョウにボーナスを支払ってくれました。

でも実は、その夫妻は色々な嘘の設定を作り娼夫を買っている事で有名であるという事を、御堂静香に知らされリョウはショックを受るものの、その夫妻のボーナスによってリョウは高級な娼夫として仕事を受けれるようになったのです。

娼年のネタバレあらすじ〜アズマとの出会い

 

そんな折、リョウは同じクラブの高級娼夫の「平戸 東(アズマ)」に出会いました。

アズマはクラブでもトップクラスの娼夫でリョウが人気の娼夫になると御堂静香に宣言していました。

リョウはアズマと仲良くなり、アズマを自分の家に泊めると、何故自分が人気になると解ったのかをアズマに聞き出しました。

するとアズマは、リョウの歪んでいない普通の性癖が武器になる事を教え、アズマ自身の肉体的苦痛で快感を得る歪んだ性癖を告白したのです。

「それはぼくのなかで配線がこんがらがっているから」

アズマは商売でのMではなくがちがちの本物だと言うのです。

神経の配線ミスによりこの世界から離れひとりきりになってしまったというアズマ。

アズマは自分の性癖を変態扱いせずにしっかりと受け止めてくれたリョウに感謝し、リョウを奉仕し、その後リョウもそれに応えようと、アズマにどうしてほしいかを聞きました。

するとアズマは左手の小指を折って欲しいと持ち掛け、リョウは戸惑いながらアズマの小指を折るのでした。

アズマは痛みに震えながらも、リョウの氷で冷やそうかという提案を拒否し、ひとり快楽にふけるのでした。

リョウはその夜アズマやイツキのように混線した人間、シンヤや御堂静香のように過剰な欲望をビジネスに変える人間、そして自分のように肉体を売りながら欲望の不思議を追いかける人間の存在を考え、この世界の深さに圧倒されました。

娼年のネタバレあらすじ〜メグミの決意

 

そんな娼夫の生活が続く中、仕事を掛け持ちしていたバーにある日、シンヤとメグミがやって来ました。

シンヤからリョウの娼夫の仕事の事を聞いたメグミは、自分が好意を持つリョウがお金で他の女性に買われている事が許せずに、リョウにその事を非難します。

メグミはリョウが御堂静香に騙されて売春させられていると思い込んでいたのでした。

リョウはメグミに自分は娼夫の仕事を好きでやっている仕事でシンヤのやっているホストと同じようなものだと伝えます。

「おまえ、ほんとにそれでいいのか。簡単にあともどりなんかできなんだぞ」

シンヤはリョウを諫めますが、リョウの決意は固いままです。

それでもメグミは汚れた仕事で御堂静香の色香に惑わされているだけだとリョウの娼夫としての仕事を認めません。

自分の誇りを持っている仕事と自分の敬う御堂静香をけなされたリョウはカッとなり「御堂静香とは寝ていないし、メグミとも寝る気はない」とメグミの自分への好意を知りながらメグミに言い放ちます。

リョウはメグミに非難された事が少し気になるながらも、高級娼夫としてその後も何人もの顧客に買われ、リョウはその都度顧客を満足させました。

はじめはリョウの事を低く評価していた御堂静香もリョウの事を高く評価するようになり、リョウが御堂静香に娼夫の事を相談していくうちに二人の関係は深いものになっていたのです。

ついに御堂静香への想いが爆発したリョウは御堂静香を抱きたいと迫りますが、御堂静香は明らかに身体はリョウの事を受け入れているのに、頑なにリョウの行為を受け入れようとしません。

そこでリョウは娼夫して力をつけた自分の実力を咲良を抱く事でもう一度テストして欲しいと御堂静香に頼み、それを御堂静香も咲良も受け入れます。

その再テストで御堂静香は自分がHIVである事をリョウに告白し、咲良が自分の娘である事を告げるのでした。

そしてリョウにこれからは幹部となってクラブを一緒に運営していって欲しいと頼むのでした。

リョウは返事を保留にし、どうするべきかと考えながら娼夫として仕事をこなしていると、ある日、客としてメグミがリョウを買いに来たのです。

メグミはリョウの娼夫の実力を試しに来たと告げるのでした。

でも、強気で来たものの、最初はシーツにくるまってなかなか出て来ないメグミ。

「後戻りをする事はできない、今帰ったら後で死ぬほど後悔する。」

そう言うメグミを、リョウはまるで壊れ物を扱うかのように優しく扱っていくのでした。

 

そしてリョウに抱かれ、リョウのその技術を味わい、何度も快楽にいざなわれてメグミはリョウの娼夫としての実力にショックを受けるのでした。

最後の最後までリョウの仕事に反対するメグミ。そんなメグミに対してリョウはうっかりと自分が御堂静香から仕事のパートナーとしても助けて欲しいと言われている事を言ってしまうのでしたーー

 

メグミはそれを聞いて顔色を変えて怒り、最後はバスルームで大きな声で泣き、出てきませんでした。

リョウはそんなメグミを待ちますが、メグミが出てくる事はなく、その場を立ち去るのでしたーー

スポンサードリンク
 

娼年のネタバレあらすじ結末〜摘発

 

そして二日後の事、バーの仕事の前にふと見た夕刊でリョウは御堂静香が売春の容疑で逮捕された事を知る事になるのでした。

 

メグミが警察に通報した。

 

リョウはすぐにそう直感し、そこにメグミの大きな決意を感じるのでした。

 

御堂静香は手紙でリョウにメグミの事は責めないでと諭し、リョウの母親が自分と同じような仕事をしていた事と、咲良を支えて一緒にクラブをまた作ってやっていって欲しいと頼むのでした。

 

リョウは咲良とアズマと3人でクラブを経営し、娼夫として生き、御堂静香が戻ってくるまで待つ事を決意するのでした。

メグミの強い想いによって摘発、逮捕されてしまった御堂静香・・。一体これからクラブはどうなっていくのか・・そして御堂静香はこれからどうなってしまうのか・・!気になる続編の「逝年」でその全ての真相が明らかになります・・!気になる人は以下の記事から逝年のあらすじもバッチリ確認しましょう!

 

>>気になる逝年の詳細ネタバレあらすじはこちらから!

娼年の映画をこの機会にぜひ視聴したい!

そんな人は以下から即無料視聴をする事ができます。

>>娼年の映画を今すぐ無料視聴したい人はこちらから

 

娼年を読んでみた感想

 

とにかく、読み初めて一気に読み終えてしまった・・!というのが率直な感想です。

それくらい勢いのある作品で、次から次と知らない世界の話のオンパレード、、

 

人の「欲求の深さ」をここまで生々しく書かれた作品って少ないのではないかなと思いました。

 

でも、「性」を扱ってはいるものの、そこに「いやらしい」とか「下品」だとかそんな感想は全くありませんでした。

皆それぞれが何かを抱えていて、その人物描写がとても胸に響くものが多かったです。

 

なので、「なんかいやらしい小説っぽいな・・」

 

と思っていた方は、きっと読んでいくうちに、そうではない事に気がつく事になります・・!

 

もっと詳しく知りたい人は、今ならU-NEXTという動画配信サービスに無料登録をすると、無料でもらえるポイント使って、娼年の原作小説を「無料で読む」事ができます♪

 

もちろん、最初は無料お試しなので、無料期間内に解約したら費用を全くかけずに終了する事ができます。

映画とかも無料で見放題作品がたくさんありますし、雑誌も数十種類も無料で読めたり・・

 

結構無料で楽しめてしまうサービスなので、おすすめです。

必要ないと思ったら娼年だけ読んで無料期間内に解約もできますしね^^

 

文庫本を買って読むより、断然!無料なのでお得ですよ。

気になる人は以下の記事から無料登録もできますので参考にしてみてくださいね♪

 

>>U-NEXTで娼年を無料で読める!どんなサービスなのか確認!

 

小説の「娼年」はかなり描写が激しいので・・

正直、こちらのサイトでは性描写は簡単にしか書いておりませんので、小説を読むと圧倒されるかもしれません 笑

ぜひ、どっぷりとその世界に浸って見てはいかがかと思います。

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

>>続編の逝年のあらすじも確認する!

スポンサードリンク

スポンサーリンク