ナラタージュ映画のネタバレ結末!ラストは?

今回はナラタージュ映画のネタバレ結末と、あらすじをラストまで詳細に紹介していきます。話題の小説が今回豪華キャストで実写化という事で期待が膨らみますね!

では早速ナラタージュ映画のネタバレ結末!あらすじラスト詳細!見ていきましょう。

関連記事:ナラタージュの試写会感想をまとめてみました!

【ナラタージュ 映画】主題歌やキャスト情報!

ではまずは今回最新予告動画が配信されましたね(*^_^*)

まずはご覧ください!

主題歌を歌うのは17歳の高校生、adieu(アデュー)です。

都内に通う彼女のプロフィールはベールに包まれているという事です。

 

まるでヒロインの泉の心情を表したかのような、優しい包み込むようなメロディが印象的ですね。

主題歌の「ナラタージュ」は8月24日から各音楽配信サイトで先行配信されています。

ぜひ、その全貌を知りたい方はチェックして見てくださいね(*^_^*)♪

 

ナラタージュの原作

ナラタージュの映画にはご存知のように「原作小説」があります。

もう読んだよ!という方も多いと思いますが、こちらの作品は2006年に「この恋愛小説がすごい!」1位に輝いた禁断の恋愛小説となっています。

さらには「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト」でも1位、2006年本屋大賞では6位に選出など大きな注目を集めた作品です。

筆者の島本理生さんは単行本だけでも実にかなりの数の作品を執筆されています。

この機会にその他の「島本理生」作品を堪能して見るのもいいかもしれません。

 

ナラタージュ映画のキャスト

今回ヒロインを務めるのは有村架純さんです。

出典:http://www.narratage.com/

今回は清純なイメージを脱ぎ捨てて、新たな境地に挑戦したという有村架純さんは「泉」を演じます。

最愛な人との出会い。

そこから大きく泉の運命は変わっていきます。

新たな有村架純さんの魅力が発見できる作品となりそうです。

体当たりの演技にも注目です。

 

泉の最愛の人を演じるのは松本潤さんです。

出典:http://www.narratage.com/

葉山先生を演じる松本潤さんは、今回はメガネをかけてそして「嵐の松潤」のオーラーを消して役に挑みました。

今回の映画を「苦くて、濃密なラブストーリ」「でも、決して堅苦しくなる事なく、単純に楽しんでいただきたい。」と言われています。

行定監督とはプライベートで知り合った時に「いつか一緒に作品を作れたらいいね」と話をしていたという事で、今回本当に声を掛けてもらえた事が嬉しかったという松本さん。

どんな葉山先生を演じるのか、とても楽しみですね!

 

では、早速「ナラタージュ 映画」のネタバレ結末にあらすじラスト詳細は?ということで見ていきましょう!

今回実写映画化に先駆けて早速読んだ「ナラタージュ」・・

詳細あらすじを紹介させていただきたいと思います^^

 

スポンサードリンク

【ナラタージュ あらすじネタバレ】〜葉山先生との再会〜

結婚を控えていた泉(有村架純)は彼と一緒に新居を見学に来ていました。

そこで言われた彼のある言葉で、泉は昔の想い出である葉山先生(松本潤)との事を回想するのでした。

 

泉は19歳の時に両親がドイツに転勤になりました。

その時をきっかけに一人暮らしをする事になった泉は、大学とアルバイトの日々を過ごしていました。

そして大学二年生になったある日、泉に一本の電話がかかってきます。

その相手はかつて泉が恋をしていた高校の時の恩師である「葉山先生」でした。

内容は、「演劇部の部員が足りないので客演として参加をしてくれないか?」というもの。

 

葉山先生の話によると、高校の演劇部の部員が少なくなってしまい公演を行う事が厳しくなってしまったようで、3年生の引退公演を手伝ってくれそうなOBに連絡をしていたそう。

久しぶりに聞いた葉山先生の声に泉の心はトキメキます。

そして泉は後日高校へ。

 

今回手伝う事になったメンバーは、泉の親友である山田志緒、志緒の彼氏の黒川博文、そしてもう一人は卒業生ではないが黒川の友人である小野玲二(坂口健太郎)

現役のメンバーは塚本柚子(神岡実希)、新堂慶、金田伊織の3人でした。

合計7人のメンバーは夏休みに行われる本番に向けて、毎週一回高校で稽古をする事になりました。

そして葉山先生と再会を果たした泉。

実は高校の卒業式の時に葉山先生と泉はキスをしていました。

葉山先生は、泉が人間関係で悩んでいた時に親身になって相談を乗ってくれていたのでした。

 

もちろん恋人ではありませんでしたが、普通の教師と生徒ではない。そんな微妙な関係だったのです。

練習は毎週土曜日に行われましたが、その稽古の後は卒業生組と小野君の4人で集まっては遊ぶようになっていました。

小野君の家に遊びに行ったり飲みに行ったり、小野君の実家を訪ねて長野にも行きました。

小野君は演劇も上手でとても好青年な男性でした。

 

でも、泉が気になっているのは小野君ではなく葉山先生だったのです。

 

【ナラタージュ あらすじネタバレ】〜小野君の想いと葉山先生の過去〜

そんなある日の事、柚子が急にいなくなってしまいます。そしてその日の練習は中止に。

泉が夜に心配をしていると葉山先生から電話がかかってきます。

 

「元気ですか?」

その言葉に、泉は葉山先生の異変に気が付きます。

そして、葉山先生のいる場所へと向かう泉。

 

葉山先生はいなくなってしまった柚子を探して疲れ果てていたのです。

(そう、この人はこういう人。)

実は高校時代に泉はいじめに遭っていた時期がありました。

そしてその時泉の気持ちに寄り添ってくれていたのが葉山先生だったのです。

その時から泉にとって葉山先生は特別な人になりました。

 

泉は葉山先生の事がとても心配になってしまい、家に泊まる。と言いますが、葉山先生は結局「ありがとう」と言って一人家に帰宅してしまいます。

そして柚子ちゃんは何事もなかったかのように姿を見せたのでした。

そんなある日、泉は小野君に誘われて演劇を観に行きました。

帰りに小野君の家に寄った泉は、急に小野君に抱きしめられ、再び告白されます。

 

「俺さ、工藤さんの事好きだよ。」

「ごめんなさい。」と断る泉。

 

でも、泉は高校の時から葉山先生だけを見てきました。他の人と付き合うなんて事は考えられません。

泉は高校の卒業が近いある日に葉山先生から聞いた話を思い出すのでした。

葉山先生は昔、過去を話してくれました。

昔、付き合っていた女性と結婚をしていた葉山先生は母親と同居をしていた事。

葉山は母子家庭育ち。そんな夫の気持ちを汲んでくれて同居に最初は応じてくれていた妻。

でも、結局その同居はうまくいかず妻は精神のバランスを崩してしまった事。

二人がぶつかるたびに、どちらかに肩入れをする事はなかった葉山先生でしたが、ついに妻が耐えられなくなってしまい、自宅に自宅に放火をして捕まります。

結局奥さんは北海道にいる実家が引き取り、その後二人は別れたのでした。

「母は自分が思うよりも強く、そして妻は自分が思うよりも神経質だった。」

そう語っていた葉山先生。

結局実の母とも今は離れて一人で暮らしている葉山先生。

この人に為にできる事はなんでもしたい。

そう思った泉でした。

 

【ナラタージュ あらすじネタバレ】〜葉山先生との亀裂〜

ある練習の日、「葉山先生が体調不良のため練習はおやすみ」になりました。

直感的に「体調不良ではない」と感じた泉は葉山先生を探します。

あちこち探し回ってヘトヘトになった泉はついに葉山先生を見つけます。

葉山先生は酔っているようでした。

 

義父と会っていた。そう言う葉山先生は、「僕は三年間の間、ずっとあの事件の事を考えていた。でも、今どうしたらいいのかがわからないんだ」

「・・・ごめん。こんな話をして」

と泉に話をします。

泉は不安定に見えた葉山先生がとても心配になり、葉山先生の自宅に行く事にしたのです。

そして泉は自分の気持ちが抑えられなくなり、葉山先生にキスをしてしまいます。

「もう、今の距離には耐えられません」

でも、葉山先生から言葉はありませんでした。

そして葉山先生の寝室に入った泉は違和感を感じました。

部屋のいたるところに「女性の影」を感じたのです。

不思議に思った泉は先生から「妻のものである」と言われます。

 

「別れたのに、どうして奥さんのものがこんなに??」

すると葉山先生はもう諦めたかのように泉に打ち明けるのでした。

「本当は別れていないんだ」

泉はずっと葉山先生に嘘をつかれていた事を知り、激しく混乱してしまいます。

そんな泉を見て、「泉の事を失いたくなかったから言えなかった」と言う葉山先生。

「ずるいです。そんなのずるいですよ!」

泉の怒りが溢れて、涙が溢れます。

葉山先生に怒りをぶつけた泉は、その日別々に寝る事になりました。

 

そして翌日、葉山先生と泉は二入で一緒に出かける事に。

一緒に美術館に行ってアイスを食べる二人。

そんな時泉はふと、昔生きるのを辞めてしまおうと思った日、と同時に葉山先生に救われたあの日の想いに耽っていました。

そして、「もうこういう風に会うのを最後にする」と葉山先生に告げるのでした。

それに対して同じ事を考えていた。という葉山先生。

葉山先生は、自分では泉を幸せにする事はできない。と思っていたのでした。

そして別れる二人。

 

泉は家に帰るとビールを一気飲みして寝ました。

そして親友の志緒と黒川にはすぐに葉山先生との関係が終わりを迎えてしまった事がバレてしまうのでした。

スポンサードリンク

【ナラタージュ あらすじネタバレ】〜小野君の暴走〜

夏休みの演劇の本番は何とか無事に終わる事ができました。

もう、このメンバーとは今日で最後。

打ち上げに誘われる泉でしたが、断ります。そして同じく不参加の小野君と一緒に帰る事にしました。

すると急に小野君が、「一緒に長野に遊びにこないか?」と泉を誘いました。

一人になりたくないと思っていた泉は、一度皆で一緒に「合宿」と称して向かった小野君の実家に再び行く事にしたのです。

それから数日間、泉は小野君の実家で過ごしました。

小野君の両親には歓迎され、彼の友人たちと会ったり温泉にも一緒に行きました。

それは思ったよりとても楽しく、そしていつも爽やかで優しい小野君。

ふと泉は「小野君と付き合ったら幸せだろうな」と言ってしまうのでした。

そして東京に帰る日、泉は小野君から「付き合ってください」

と言われます。

小野君は、自分の事を特別好きでなくても構わないし、前に好きだった相手を忘れる必要はない。

でも、一緒に過ごしていてとても楽しいから、付き合って欲しい。と気持ちを泉にぶつけます。

 

泉は、葉山先生への想いとの狭間で悩みますが、葉山先生への想いを断ち切るためにも小野君と付き合う事を決めます。

こうして二人は恋人になり、付き合う事になりました。

その時から小野君は泉の事を「工藤さん」ではなく「泉」と名前で呼ぶようになっていました。

二人は忙しい間を縫っては会い、一緒に遊びました。そして秋には体の関係も持つようになります。

だんだんと小野君の事が好きになっていく泉。

でも、その反対に小野君はだんだんと不安定になっていった。

そう、泉はまだ小野君の事を「小野君」と呼んでいたのでした。

 

そして小野君にとって決定的となる事件が起こってしまいます。

それは泉の携帯にかかってきた葉山先生からの電話でした。

用件は大した事ではありませんでしたが、この日を境にして小野君の中では嫉妬が大きくなり、精神的に不安定になってしまうのでした。

小野君は泉の手帳を勝手に盗み見をしては、葉山先生との繋がりがないかを疑うようになりました。

それだけでなく、時に泉を束縛しようとしたかと思うと謝ってきたり、不安になったりと、次第にヒビが入っていくようになりました。

時には泉が嫌がっているのに無理やり性交渉を強要したりもしてきました。

泉はだんだんと思考が停止していくのを感じ、二人の関係は破綻へと進んで行くのでした。

 

【ナラタージュ あらすじネタバレ】〜柚子の死〜

そしてある時、また事件が起こります。

泉は夜道を歩いていた時に知らない男につけられてしまい、小野君に助けを求めて電話をしますが、小野君は来てくれませんでした。

気がついたら葉山先生の家に向かっていた泉。

 

一体どうしたのかと驚く葉山先生。

来たらいけないのはわかっていたと、思わず泣き出す泉を葉山先生は家に招き入れてくれました。

呼んでくれたらすぐ迎えに行ったのに。と言う葉山先生に対して、小野君が無理だったから、あなたに来てくれなんて言えないと気持ちをぶつける泉。

でも、いつでも俺は飛んでいくという葉山先生に対して泉は疑問を抱きます。

「何で今さらそんな事を言うの?」

すると葉山先生は、「今更ではなく、いつもそう思っている」

そう答えたのでした。

でも、私があなたに別れを言った時も、そして小野くんと付き合っている時も、あなたは平気そうだった!

思わず気持ちが溢れる泉。

すると葉山先生が思わず大声を出した。

「平気なわけないだろう!!!」

葉山先生は、泉には小野くんと一緒にいた方が幸せなれると思っていました。

自分では、泉の求めるものを何一つ与える事ができない。

そう言う葉山先生に対して泉は頭に血がのぼります。

 

結局、葉山先生は自分が一番、まだ奥さんを愛しているのでしょう!あなたが私を苦しめるんです!

 

泉は帰り道に手帳に挟んでいた先生への手紙と、そして二人で一緒に写った写真も破いてしまいました。

 

ある日、小野くんの家で寝ていると真夜中に葉山先生から泉に電話がかかって来ます。

「柚子が歩道橋から飛び降りた」

驚きすぐに病院に駆けつけると皆病室の前にいました。

その中には憔悴しきった葉山先生の姿もありました。

柚子は集中治療室に入っており、その状態は悪いようでした。

そして柚子が抱えていた過去を知る事になりました。

関連記事:死ぬ前に柚子が書いた手紙の真相はこちらです!

柚子は一年前に性的に暴行を受けていたのでした。

柚子はずっと一人での事を抱えていて、そんな柚子の事を葉山先生はずっと気にかけていたのですが、今回救う事ができなかったのでした。

結局泉は病院で葉山先生に声をかける事はできず、タクシーで小野君の家に戻るのでした。

でも、家に向かっている時に泉はたまらず小野君に戻りたいと告げます。

「葉山先生のところに戻る」

泉は小野君に別れを切り出したのでした。

「もう小野君と一緒にはいられない」

すると小野君は涙を流して引きとめようとしたり、泉を罵ったりします。

挙句の果てには泉に膝をついて謝れと言いました。

泉は素直に額が地面に着くまで頭を下げます。

ただただ、泉が一緒にいてくれたらいい。

そう言う小野君でしたが、もう泉を取り戻すのは無理だと悟った小野君は一気に全身から力が抜けてしまい去ってしまうのでした。

泉は葉山先生の元へと向かいます。

【ナラタージュ あらすじネタバレ結末】〜泉の最後のお願い〜

その後、葉山先生と会った泉は小野君と別れ話をした事を告げます。

「本当は君にそばにいて欲しかった」

そう言う葉山先生は、柚子を救えなかった気持ちが溢れ出て車の中で泣きました。

泉は黙ってそんな葉山先生の手を握っていました。

その後柚子は三日後に還らぬ人となり、その一週間後、次は葉山先生が入院してしまいます。

 

「過敏性大腸炎」で数日入院する事になった葉山先生は、他には誰にも入院の事を知らせておらず、泉はその日から入院中の身の回りの世話をする事になりました。

大学が終わってから病院に顔を出す。

その時間は泉にとってとても穏やかな時間でしたが、同時に葉山先生との最後の二人の時間である事も泉にはわかっていたのでした。

そう、葉山先生は退院したら高校を異動して奥さんとやり直す事になっていたのです。

退院が近いある日、葉山先生は今まで世話をしてくれたお礼に何かして欲しい事や、欲しいものないかと泉に尋ねます。

その提案に泉は、「退院した日に葉山先生の家に泊めて欲しい」と告げます。

でもすぐに「嘘です!忘れてください」と訂正する泉。

そんな泉を葉山先生は抱き寄せました。

「僕は君が好きだ」

初めて気持ちを確かめ会った二人は、退院の日に葉山先生の家に向かいました。

【ナラタージュ あらすじネタバレ結末】〜二人の別れの時〜

家に向かった二人は初めて愛し合う事に。

でも、泉は心の奥底で違和感を感じてしまいます。

その後、泣きそうな顔をした葉山先生は自分が泉にあげられるものはこれしかないのか。と言います。

泉は、「あなたはひどい人。二度と立てなくなるくらい壊された方が良かった。お願いだから私を壊して、もう帰れないところまで連れていって見捨てて欲しい」とお願いします。

でも、そんな事はできないという葉山先生に対して、泉は「もう二度と私の前に姿を見せないでください」と告げるのでした。

翌日はクリスマスでした。

葉山先生は泉に、アンティークの懐中時計を手渡します。

それは幼い頃に両親が離婚をした時、離れてしまった父親にもらった大切な品でした。

泉は、前に渡しそびれていた海外での土産の万年筆を渡しました。

駅のホームまで送ってくれた葉山先生。

最後に泉は今までのお礼を述べて握手をしようと手を出しますが、葉山先生は微動だにする事ができません。

結局握手をする事ができずに電車は走り出しますが、隣の駅に到着した時に泉は寂しさを抑えられずに反対向きの電車に乗ってしまいます。

最初の駅に戻ってきた泉は、まだ葉山先生がホームにいるのを見つけて二人は握手をしました。

そして葉山先生はゆっくりと階段に向かって歩き始めました。

完全に見えなくなってしまった葉山先生。

それが泉が最後に見た葉山先生の姿でした。

 

スポンサードリンク

【ナラタージュ あらすじネタバレ結末】〜泉のその後〜

大学を卒業して就職をした泉は会社の同僚と結婚する事になりました。

そして結婚を直前に控えたある日の事、偶然にも葉山先生の親友であるというカメラマンの食事の場で出会ったのです。

するとそのカメラマンは「ああ、あなたが・・」

と、泉の知らない葉山先生の姿を教えてくれたのです。

葉山先生は妻とやり直して今は幸せに暮らしている事。

そして、葉山先生は定期入れに卒業式の日に泉と一緒に撮った写真を入れているという事。

奥さんには絶対に内緒だと言って・・

葉山先生は、あなたの事が好きだったみたいですよ。

 

その言葉を聞いて泉はまるで途方もない幸福にも似た熱い想いを抑える事ができず、溢れる涙を拭う事もできずに空中を見つめていたのでした。

関連記事:ナラタージュの試写会の感想をまとめてみました!

まとめ

では今回はナラタージュ映画/ネタバレ結末あらすじ!ラストは?という事で紹介しました。

葉山先生、泉、そして爽やか青年から一気に転落していく小野君・・

それぞれの想いが複雑に交錯していく「ナラタージュ」。

実写化でどこまでこの原作に迫る迫真の描写がされるのか・・

今からとても楽しみですね!

公開を楽しみに待ちたいと思います^^

スポンサードリンク


スポンサーリンク