テッドバンディの実話モデル結末ラストが驚愕!ネタバレあらすじも

テッドバンディの実話モデル結末ラストが驚愕!ネタバレあらすじもという事で、凶悪な事件がモデルとなった「テッドハンディ」という映画があります。

今回は実話がモチーフになっているということでモデルの人物はどのような人間なのか、又事件の概要についても触れてみたいと思います。

では早速テッドバンディの実話モデル結末ラストが驚愕!ネタバレあらすじについても確認です。

映画テッドバンディの予告動画や作品情報を確認!

出典 : テッドハンディ公式

テッドハンディ作品情報

・監督:ジョー・バリンジャー

・脚本 : マイケル・ワーウィー

・原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile

・音楽:マルコ・ベルトラミ

デニス・スミス

・公開日:2019年12月19日

映画テッドバンディのネタバレあらすじは?

出典 : 映画ドットコム

1969年のワシントン州テアトルで事件は起きたのです。テッドバンディはとあるバーでリズというシングルマザーの女性と出会いました。

2人はまもなく恋に落ちます。リズには幼い一人娘のモリーがいました。テッド、リズ、モリーの3人は、慎ましく幸せな家庭を築いていました。

しかしある日、テッドは信号無視をしたことで警察官に止められました。警察官が車内を調べると、後部座席に置かれた道具袋の中から疑わしいものが出てきたのです。

それを証拠に、テッドは誘拐未遂事件の容疑で逮捕されてしまいます。実はその数年前にも、女性が誘拐される事件が起きていました。

犯人を目撃した人の話によると、誘拐犯の男はテッドと同じ車種であるフォルクスワーゲンに乗っていたと言います。また、公開された似顔絵がテッドにそっくりだったのです。

30人以上もの女性を惨殺した殺人鬼、それがテッドバンディだったのです。

映画テッドバンディのキャスト情報も確認

テッドバンディの主要キャストを見ていきましょう。

ザック・エフロン

主人公のテッドバンディ役。IQ160の頭脳と端麗な容姿を持ち、司法やメディアを翻弄した“シリアルキラー”の語源にもなった稀代の殺人鬼。

リリー・コリンズ

テッドバンディの恋人。一人娘のモリーをもつシングルマザー。テッドバンディと恋仲にある。

ジョン・マルコビッチ

エドワード・コワード判事役。テッドハンディを裁く判事。「極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣」という言葉をテッドバンディに残している。

カヤ・スコデラーリオ

キャロル・アン・ブーン役。テッドバンディの元妻で獄中結婚をした。二人がオリンピアの州危機管理庁に勤務していた頃に親密になっていた。

テッドバンディは実話!モデルの生い立ちや経歴は?

出典 : Wikipedia

名前 : セオドア・ロバート・バンディ
Theodore Robert Bundy

誕生 : 1946年11月24日 アメリカ

没年 : 1989年1月24日(42歳没)

家族構成 : 母(未婚) 祖父

生い立ち : 3歳まではフィラデルフィアにある母方の祖父の家で生活。

1951年  母が結婚し養子となる

1965年 高校を卒業

ピュージェットサウンド大学に一年だけ在籍し、中国語を勉強するため1966年にはワシントン大学へ入学。ステファニー・ブルックスと恋人になるも、捨てられてしまう。そして大学をドロップアウト。

その後、選挙のサポートの仕事を始める。それがきっかけで自信を養っていく。そして魅力ある男性へと変貌を遂げる。

1973年。バンディはステファニーと再会した。ステファニーは魅了され、すぐさま婚約する。しかしその直後、バンディは冷淡になり婚約を破棄。バンディは最初から、かつて自分を振ったステファニーへ同じ報復をするためだけに現れたのだ。

しかしバンディの内に秘められたどす黒い衝動は収まらなかった。翌年シアトルで女性が襲われ、昏睡状態に陥った。バンディの3年間にわたる凶行の始まりだった。

テッドバンディは実話でモデルが実在!事件の詳細が驚愕すぎる

テッド・バンディは、アメリカに実在した連続殺人犯のことです。本名をセオドア・ロバート・バンディ(Theodore Robert Bundy)。高知能連続殺人犯で知られるゲイリー・ハイドニクやエドマンド・ケンパーと肩を並べるほどの凶悪犯です。

「シリアルキラー」という英語圏における連続殺人犯の通称が生み出されるきっかけとなりました。全米規模でFBI行動科学科が殺人データベースを制作するきっかけともなりました。

この他にも、アメリカのポルノ規制に関する法案、通称「バンディ法案」の語源にもなっています。このように、アメリカの犯罪捜査や政治面に多大な影響を与えた人物と言えます。

デットハンディは、IQ160の頭脳を持ち、高学歴、そしてすぐれたルックスと言い回しを兼ね備えていました。

まるでフィクション作品から飛び出してきたかのような犯罪者だったのです。

ですが、その裏では実に少なくとも30人以上もの女性を強姦・殺人をしていました。

容疑者として刑が確定してからも、数多の女性ファンがいましたが、その実態はおぞましいまでの性倒錯殺人鬼であったのですーー

なんと、殺害した女性がいる場所に再び訪れては、どんどん腐敗していく死体に何時間もの性交をしたのです。

考えるだけでもおぞましい事件なのですが、この事件がモデルとなり今回映画化ーー

一体どのような再現がされるのは今から怖いもの見たさで気になるところですね。

テッドバンディは実話に対する世間の反応は?

https://twitter.com/hayato_ryoko/status/1183757595275751424?s=21

https://twitter.com/ars__625/status/1196763742064656384?s=21

既に試写会が開かれていたり、テレビでテッドハンディのことを知っている人も多いようです。この冬映画を見たいという人もたくさんいるようですね。

まとめ

では今回は、テッドバンディの実話モデル結末ラストが驚愕!ネタバレあらすじも!という事でお話してきました。

アメリカ史に残るシリアルキラーが主役の映画。なぜ彼はそのようにしか生きられなかったのでしょうか。なぜ、彼はそうなってしまったのでしょうか。ぜひ映画を見てあなたの目で確かめてみてください。

それでは本日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク