億男ネタバレあらすじ結末をラストまで!億万長者は本当に幸せ?

今回は億男ネタバレあらすじ結末をラストまで!ということで、佐藤健さんと高橋一生さんのダブル主演に、宝くじで3億円が当たるという夢のある内容で、観ていながらワクワクしてしまいます。

映画館で観たきり内容を思い出せない!という方やサクッとあらすじだけ知りたいという人は必見です。あらすじから結末まで紹介します。ネタバレを含みますので、知りたくない方はお気をつけ下さいね。

それでは早速億男ネタバレあらすじ結末をラストまで!について確認していきましょう。

億男映画の作品情報を確認

億男の作品情報

・監督:大友啓史

・脚本:渡部辰城、大友啓史

・原作:川村元気「億男」

・主題歌:BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」

・公開日:2018年10月19日

るろうに剣心シリーズやプラチナデータなど多くの作品を手掛けた大友啓史さんが監督を務めており、主演の佐藤健さんと高橋一世さんの他に、藤原竜也さんや北村一輝さんなど豪華なキャストが出演しています。

主題歌であるBUMP OF CHICKENの「話がしたいよ」もスローテンポな曲で、藤原さんの優しい歌声に歌詞も億男の世界観とあっているので、是非エンドロールまでしっかり観ていただきたいです。

億男映画の主要キャストを確認!

それでは億男に出演している主要キャストについて確認していきましょう。

大倉一男(佐藤健)

出典元:eiga.com

本作の主人公。職業は図書館の司書とパン工場でのアルバイト。兄の借金を肩代わりしたことで生活は困窮し、妻の万左子と娘のまどかに逃げられてしまいます。

商店会の福引で当たった宝くじで億万長者になります。

古河九十九(髙橋一生)

出典元:eiga.com

一男の大学時代の親友。吃音者で大学中退後に起業。「バイカム」という会社を立ち上げて見事成功し、億万長者になります。

億万長者になった一男に相談された次の日、一男のお金を持ち出し逃走します。

大倉万左子(黒木華)

出典元:eiga.com

一男の妻。家族よりも借金返済のために朝から晩まで働き詰めの一男に愛想をつかして、娘のまどかを連れて別居。

一男とは価値観が合わず、離婚も検討しています。

安田十和子(沢尻エリカ)

出典元:eiga.com

九十九が立ち上げた会社「バイカム」で広報として勤務してながらも、九十九の秘書として働いていました。九十九と同様に若くして10億円を手にしました。

現在は会社を辞め、専業主婦として家庭を守っています。

億男映画のネタバレあらすじ~一気に億万長者へ

出典元:eiga.com

図書館の司書として働く大倉一男は、突然行方をくらませた兄の借金を代わりに払うことになってしまいました。

司書の仕事だけでは到底家庭も借金も賄えなくなるため、夜にはパン工場でアルバイトも始め、その結果妻の万左子と娘のまどかとは別居。取り残されてしまった一男はパン工場の寮に野良猫と一緒に住むことになります。

万左子とまどか別居状態ではあるが、まどかが「会いたい」と言った時だけ2人で会うことができます。借金が原因となり、親子ではあるのにどこかぎこちなく、まどかにも気を遣わせてしまう一男。そんなまどかが熱い視線を送っていたのは商店街の福引の商品である自転車でした。

偶然通りかかった人から福引券を貰った一男はまどかのために自転車を狙って福引を回しますが、宝くじ10枚という結果に終わってしまいます。後味も悪く別れた一男は、帰り道に宝くじの結果を確認すると、なんと3億円が当選していたのです。

すぐさま今まで宝くじに当選したことがある人の経験について調べてみると、突然億万長者になったことがきっかけで金銭感覚が一気に狂い、結局地獄を見てしまうことが多いことに気付いたのです。

そして、3億円を貰いに行った銀行でも口酸っぱく3億円の使い方について考えるようにとアドバイスを受けます。

一気に借金を返済し、離れた万左子とまどかも戻ってきてくれるのではないかと考えた一男は、「億男たちの金言」というサイトで、大学時代の親友が教えてくれた「人生に必要なもの。

それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」というチャーリーチャップリンの言葉を見つけます。

この名言をきっかけとして久しぶりに大学時代の親友古河九十九と会うため連絡を取るのです。

友人とお金の失踪

九十九と連絡が取れ、会うことになった一男。九十九は一男に3億円を現金でおろし持ってくるように伝えていたため、指示通り3億円も持ち歩く一男。

合流した2人は高級料理やキャバクラなど、一男にしてみれば今まで使ったことのない勢いでお金を使い、自分が億万長者となった実感を噛み締めます。

飲みすぎて一男が眠ってしまうわずかな意識の中で、九十九の放った「人間には自分の意思でコントロールできないものが3つあり、死ぬこと、恋すること、そしてお金」という言葉を最後に意識を飛ばしてしまいます。

朝になり、一男が目を覚ますと九十九の姿と持ってきた3億円が跡形もなく消えていました。

ショックを受ける一男ですがそうも言っていられません。持っていかれた3億円を諦めないために、九十九を知る人物を手当たり次第に当たることにしました。

億万長者の葛藤

九十九の行方を知るために、話を聞いたのは九十九が立ち上げた会社「バイカム」で勤務していた安田十和子、百瀬栄一、千住清人の3人。残念ながら3人とも九十九の行方は知らず、何の情報も得ることが出来ませんでしたが、その代わりにそれぞれの人生について話してくれたのです。

十和子は現在専業主婦として平和に暮らしています、しかし、バイカムを買収して手にした10億円と、母親が残してくれた2億円の合計12億円を所持していることを夫に隠しているのです。

仕事に行っている間など、毎日12億円に触れては心を満たしているという葛藤に悩まされているのです。

十和子の話を聞いたあと、今抱えている兄の借金を返済すれば、別居している万左子とまどかが戻ってくると思っていた一男ですが、十和子は真っ先に否定。自分で気付いていないだけで、一男自身何かを失っていて、それを見つけない限りは家族は元に戻らないというのです。

栄一からは100万円を借りて、競馬での勝負を2回挑まれます。1回目は100万円が1億円となり、2回目は1億円が0円になってしまいました。今までの生活からはかけ離れている大金の動きに、思わず気が狂いそうになる一男でしたが、実は馬券の購入はしていなかったことを栄一から告げられます。目まぐるしく動きが分かるお金の本質を栄一は教えてくれたのです。

最後に会った清人は現在、脱税を目的として始めた宗教団体の教祖として活動していました。九十九、十和子、栄一、清人の4人は同僚の中でも厚い信頼感で結ばれていました。しかし、バイカム買収の話を持ち掛けられ、急に舞い込んだ大きなお金の欲に負けた十和子、栄一、清人は九十九を裏切ったというのです。その結果、九十九は人間不信となり、清人はこれが自分の罪だと言います。

最後に清人は、九十九と再会したいのならば一男は九十九を信じ続けなければならないと声をかけるのでした。

億男映画のあらすじネタバレ結末!ラストはどうなるの?

出典元:eiga.com

ある日、まどかと会った一男は、まどかのバレエの発表会への参加を万左子が許可したことを教えてもらいます。

久しぶりに家族3人揃って会うことになるのです。一男は万左子に九十九に持ち去られた3億円を取り返し、また家族3人で一緒に住もうと提案するのですが、万佐子は一男が一度大金を手にしたことで「欲」を失ってしまったからその夢は叶わないと答えます。

もし本当に家族が大切と思っているのであれば、朝から夜まで働かなくても一緒にいることが出来た。それなのに一男はそうしなかった。そのことに対して万佐子は、一男の心の奥底で家族を失っても良いという思いがあるからなのではないかと言います。

何も言い返すことが出来ない一男に万左子は離婚したいことを伝え、まどかも離婚については話していると言うのです。

このバレエの発表会は家族3人で過ごす最後の時間という意味が含まれていました。一男と万佐子が離婚することを知ってもなお笑顔で懸命に踊るまどかを一男も万左子も応援します。

バレエの発表会の帰り道、電車の中でなんとも言えない気持ちになっている一男の横に現れたのは、姿をくらましていた九十九です。

本当の幸せとは一体?

一男に3億円を持ち出した理由を聞かれた九十九はわざと3億円を持ち出したのです。そして、十和子たち3人の話を聞くよう仕向けたと言います。

事実を聞いた一男は、九十九が好きだった言葉「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」こそが九十九が望んでいた答えだと知ります

。一男は今までただの言葉として捉えていましたが、今回十和子、栄一、清人の話から改めてこの言葉の意味を学んだのです。そして、九十九が大学時代から変わっていないことが分かったのです。

最後に九十九は「答えはもうすぐそこだったが、最後の一歩を踏み出せたのは一男のおかげ。やっぱり一と九十九を足して100%なんだ」と大学時代によく周りが自分たちにかけていた言葉を言い残して、またしても行方をくらましたのです。

残された一男の手元には、戻ってきた3億円。その3億円を初めて使ったのは借金の返済ではなく、まどかが欲しそうに見つめていた自転車でした。一男の本当の願いは借金の一括返済ではなく、また万佐子とまどかと家族3人で一緒に暮らすただその思いだけ。

一男はその思いを原動力に生きていくことを決めたのです。

億男映画の感想と評価まとめ

億男を観てみて、まず初めに考えさせられたのがお金のことです。お金は使い方によって良いものにも悪いものにも変化します。結局はその人の使い方次第ではあるのですが、改めて計画を持って使おうという気にさせてくれます。

そして次に考えさせられたのが、大切なものほど見失ってしまうことです。家族だったり友人だったり大切にしているからこそ、おざなりになってしまうことは誰しも経験があるのではないでしょうか?

目の前の幸せばかり気にしてしまっては、いつか一男のような欲のない人間になってしまうのではないだろうか。億男はそんなことを考えさせてくれた内容でした。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク