50回目のファーストキスネタバレあらすじ結末をラストまで!奇跡のラブストーリー

今回は50回目のファーストキスネタバレあらすじ結末をラストまで!ということで、洋画の「50回目のファースト・キス」の日本リメイク版である50回目のファーストキス。

山田孝之さんのラブストーリーということで気になっている方も多いのではないでしょうか。早速50回目のファーストキスネタバレあらすじ結末をラストまで!について確認していきましょう。

50回目のファーストキス映画の作品情報を確認

50回目のファーストキスの作品情報

・監督:福田雄一

・オリジナル脚本:ジョージ・ウィング

・プロデューサー:北島直明、松橋真三

・主題歌:平井堅「トドカナイカラ」

・公開日:2018年6月1日

監督を務めたのは「銀魂」や「勇者ヨシヒコシリーズ」などギャグ作品をよく手掛けている福田雄一監督です。福田監督作品によく出演しているキャストさんがいて安心して観ることができます。

リメイク作品なので、内容も原作映画に忠実に作られています。原作と今作、どちらにも違った良さがあるので私はどちらの作品も好きです。リメイク版を観てから原作映画を観るとまた違った印象を受け楽しめます。

今作ではギャグがメインではなくしっかりとした恋愛映画となっていますが、佐藤二朗さんとムロツヨシさんのアドリブは健在なので、シリアス要素とのメリハリがしっかりあるのが注目ポイントです。

50回目のファーストキス映画の主要キャストを確認!

それでは50回目のファーストキスに出演している主要キャストについて確認していきましょう。

弓削大輔(山田孝之)

出典元:eiga.com

本作の主人公。ハワイでガイドツアーの仕事をしながらいろんな女性を口説くプレイボーイでありながらも、天文学の研究をしている一面も。カフェで出会った瑠衣と意気投合します。彼女の病気を理解し、今までもどうにか振り向いてもらおうと奮闘します。

藤島瑠衣(長澤まさみ)

出典元:eiga.com

本作のヒロイン。ハワイで父と弟の3人暮らししています。大輔とカフェで出会い、意気投合。1年前の事故の影響で新しい記憶を覚えることができない記憶障害で、毎日ずっと父親の誕生日であると思っています。

ウーラ山崎(ムロツヨシ)

出典元:eiga.com

大輔の親友。ひょうきんな性格をしながらも、大輔のことを一番に気にかけています。瑠衣を振り向かせたい大輔に協力して体を張ることもあります。

藤島健太(佐藤二朗)

出典元:eiga.com

瑠衣の父親。1年前瑠衣が自分の誕生日を祝うために事故に遭い、その後遺症で記憶障害となってしまったことをずっと気にしています。瑠衣の良き理解者で、大輔の瑠衣に対する真剣な気持ちを知り、交際を認めます。

50回目のファーストキス映画のネタバレあらすじ~2人の恋を襲う最大の試練

出典元:eiga.com

弓削大輔は天文学の研究をするためにハワイへ1人で渡ってきました。見知らず土地で1人、頼れる人物もいないため、勉強しながら日本人向けのツアーガイドの仕事も始めます。

巧みな話術で観光客を楽しませる大輔ですが、根っからのプレイボーイ気質であり、複数の女性を一夜だけの関係を築いていたのです。大輔の女癖の悪さは瞬く間に広まり、悪い噂も徐々に立ち始めるのです。

ある日大輔の車が故障し、仕方なく近くにあったカフェに入ります。その時に出会ったのが藤島瑠衣でした。

綺麗な女性には目がない大輔はすぐさま瑠衣に声をかけに行き、2人はすっかり意気投合し、話が盛り上がります。大輔は瑠衣に一目惚れをしたのです。この出会いを親友であるウーラ山崎に伝えるも、なかなか信じてもらえない大輔。

自分の気持ちも分からなくなり、次の日またカフェへ足を運びました。

その日も瑠衣はカフェにおり、またも2人の話は盛り上がりを見せます。大輔と瑠衣はそれぞれ「相性が合う」を感じており、また翌日も瑠衣に会いにカフェへ向かった大輔ですが、予期せぬ事態が起こります。

大輔に話しかけられた瑠衣は見知らぬ人に話しかけられたというようなそっけない態度をとるのです。いきなり態度が急変した瑠衣に状況がよく理解できない大輔を見かけたカフェの店員が、「瑠衣は1年前の事故が原因で記憶障害である」と伝えます。

瑠衣は1日で記憶がリセットされてしまい、新しいことが覚えられないのです。カフェの店員は大輔に諦めるようアドバイスしますが、大輔は何が何でも「瑠衣を振り向かせる!」と必死にアプローチを始めます。

瑠衣と家族の葛藤

来る日も来る日も瑠衣に対してアプローチをする大輔は、何度失敗しても1日経てばやり直せると開き直ります。あの手この手でアプローチをかける大輔は、瑠衣を怒らせても決して諦めることはありません。

一方、瑠衣の家族は瑠衣が事故に遭った次の日を毎日繰り返しているのです。事故の次の日の新聞を用意し、店員の協力の元瑠衣にはカフェで朝食を取らせ、家に帰ると真っ白なガレージに一日かけて絵を描かせるのです。

そして父親である健太の誕生日会を毎晩開き、瑠衣が眠りについたあと、弟の慎太郎と健太で壁を真っ白に塗りなおし、新聞に細工をするという生活を送っていました。

しかし、平穏と思われていた日々は突然終わりを迎えます。瑠衣はカフェに止めていた愛車が車検切れであると警察官に注意を受けます。

車検が切れるのは先であると言い張る瑠衣。カフェにあった新聞を咄嗟に取り、日付を確認すると自分の知っている日付ではないことを知ってしまいます。

50回目のファーストキス映画のあらすじネタバレ結末!ラストはどうなるの?

出典元:eiga.com

混乱する瑠衣を落ち着かせ、大輔は瑠衣の家へ送ります。事情を知った健太から事実を聞かされた瑠衣はショックを受けながらも健太から伝えられたことを受け入れます。

そして、瑠衣と大輔は瑠衣の治療をしている研究所へ向かい、瑠衣は記憶障害は自分だけではなく、他にも記憶障害で苦しんでいる人がいることを知ります。

次の日にはこのことをすべて忘れてしまう瑠衣は、自分用のプレゼントとして好きな花や事故が遭った日からの生活や周囲の人からのメッセージが込められたDVDを用意します。

毎日同じ日々を過ごしていた瑠衣にとってこのDVDの存在は大きなものでした。そして、ずっと寄り添ってくれた大輔と恋人同士になるのです。

それから瑠衣は朝起きるとDVDと大輔と撮った動画を観る習慣が付きます。前日どんなに大輔と一緒にいても忘れてしまう瑠衣は、その日したキスが瑠衣にとってはファーストキスであることに変わりありません。

そんな生活を過ごしていたところ、大輔の研究が認められ2人は喜びます。喜ばしいことだけどこれから先、どんどんと夢をかなえていく大輔にとって自分の存在は負担になってしまうのでは?と考えた瑠衣は大輔に別れを決めます。

大輔としても瑠衣のことも大事だけれど、ワシントンの研究所からオファーを受け、今自分にとっても大きな夢を叶えるチャンスが来ている状況も捨てきれず、別れを受け入れます。

大輔はワシントンへ行く準備を始め、瑠衣も今まで大輔と撮った思い出もすべて削除。家族に迷惑をかけてしまうことも申し訳なく感じ、研究所で療養することを選びます。

大輔と瑠衣の恋の行方は?

それぞれの日々の生活していく瑠衣と大輔。大輔がワシントンへ旅立つのを見送りに来た健太から、「瑠衣は療養所で生活することになった」と聞かされます。

瑠衣のことを諦めたはずだった大輔ですが、出発直前になり飛行機から降りて瑠衣の元へ走ります。大輔は瑠衣のことと夢のこと、どちらか片方を選ぶのではなく、瑠衣の隣で夢を追うことを選んだのです。

久しぶりに顔を合わせた瑠衣は、出会った当初のように大輔のことを拒むのではなく受け入れます。瑠衣自身も大輔のことは忘れているはずなのに、なぜか頭から離れず自分のアトリエいっぱいに大輔の似顔絵を描いていたのです。

それから数年後。瑠衣と大輔は結婚し、2人の間には娘がいます。しかし、瑠衣の記憶障害は治っておらず起きてすぐにDVDを観る日課は変わりません。DVDを観終わった瑠衣は部屋から出ると、大輔と娘が出迎えます。記憶障害なんて関係なく、瑠衣と大輔は幸せな日々を過ごしていくのです。

50回目のファーストキス映画の感想と評価まとめ

出典:映画コム

50回目のファーストキスを鑑賞して観て、ここまで切ない恋愛映画はないのでは?と思ってしまいました。

記憶障害という普通の恋愛とは少し違った関係の大輔と瑠衣。それでも明るく幸せな日々を過ごしている様子に感動してしまいました。

また、大輔の瑠衣も夢もどちらも選ぶという選択は斬新で驚きました。瑠衣に対する思いは本物であること、結婚しても自分の夢はしっかりと叶えている様子は、元プレイボーイとは思えないほどです。

シリアスな展開だけではなく合間にコミカルな要素があり、それでも最後にはしっかり泣けるので、涙を流してすっきりとした気持ちになりたいときに観たくなる作品の一つです。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク