アラジン実写はつまらないし嫌いor面白いし泣ける?著名人の評判感想も!

今回は、「アラジン実写はつまらないし嫌いor面白いし泣ける?」について、著名人の評判感想も含めて調査してみました!

「アラジン」は1992年に公開されたディズニーのアニメ映画で、本作はこれを元にさらなる驚きと魅力を引き出した実写化映画となっております。アニメの実写化と言えば、どうしても原作者ファンの批判や不満は避けられないのかもしれませんが、実際の所本作「アラジン」についての評価はどうなっているのでしょうか?

それでは、アラジン実写はつまらないし嫌いor面白いし泣ける?著名人の評判感想も調査! について様々な視点から検証していきましょう。

アラジン実写はつまらないし嫌い?そう思う人の意見をTwitterで調査!

原作アニメに登場したジャスミン姫の花婿候補は、アラブのとある国の王子様となっています。しかし本作ではヨーロッパの国の王子様に変わっています。(結局追い返されてしまうのには変わりありませんが……)
本来の世界観を壊してしまうようなキャスティングは確かに批判の火種になってしまいますね。

「オリエンタリズム」とは、西欧文明によるアジア文明への一方的な偏見や植民地主義的な思考を指すものです。
アジアにおける様々な文化を、西欧的な嗜好の下にごちゃ混ぜにすることが、果たしてアジア文化への敬意に繋がるのか、疑問に思う人は少なくないのかもしれませんね。

欧米がアジアについて面白おかしく描写することについて、かつての植民地時代における文化的侵略を背景に批判する声は少なくありませんね。最近の映画界ではそのあたりに非常に敏感になってると聞きますが………

原作アニメの魅力を最大限引き出せていたか、と聞かれるとそれはないと答える方は一定数いますね。
アニメと実写においてはそれぞれの魅力や強みは異なりますが、原作アニメというブランドがある以上避けられない批判なのかもしれません……

本作ではジーニー役にウィル・スミスが抜擢されています。
「メン・イン・ブラック」や「インデペンデンスデイ」などメガヒット作の常連で、ウィル・スミス自身も強烈な個性を放っています。
本来の原作キャラクターの個性や魅力が、役者自身の魅力や印象で覆われてしまった感は否めませんね。

スポンサードリンク

アラジン実写はつまらないし嫌いだと感じるのはなぜか?

出典:シネマトゥデイ

批評として特に目立っていたのは、西欧的な価値観から見たアジア文明への偏見に対する批判ですね。

難しいことを考えずに映画を楽しみたい! という方も多いと思います。しかし欧米から見たアジアへの偏見というものは非常に根深いものです。

過去の植民地支配について「文化的に劣ったアジア諸国をヨーロッパの文化や文明を用いて進歩させた」と主張する勢力は少なくありません。

アジアが「汚い」「劣っている」等と連想させる作品を作ることは、それ自体がアジア諸国や文化に対する暴力に繋がると考える方もいます。

そういった視点から見ると、確かに本作も欧米的な目線からアジア文化を弄んでいると考えるのも無理はないのかもしれません。

また、原作アニメの魅力を引き出せていない! ジーニーの魅力がウィル・スミスに上書きされた! といった批判も、原作アニメを大切に思うからこそ、実写化で自分の抱いていた世界観が突き崩されてしまうことへの、一種の拒否反応だと理解できます。

アニメの実写化においては避けては通れないテーマです。

だからこそ、現代のニーズに即した作品作りができるかどうか、製作者の腕が問われますね。

スポンサードリンク

アラジン実写は面白いし泣ける?そう感じた人の意見をTwitterで調査!

原作をリスペクトした魅力的なストーリーに、ミュージカルのような作中歌の数々。リズムに乗ったり、感動に涙を誘われた方も多いのではないでしょうか。音楽一つとっても十分楽しめる作品ですね。

原作アニメの方はディズニー作のアニメとしてエンターテインメント色が強かったのですが、本作では政治や外交といった大人向けのテーマもふんだんに散りばめられています。
子供から大人まで、それぞれの視点から仕上がっているのが嬉しいですね!

こちらはウィル・スミス等の配役に好印象を持っている人のご意見ですね。
ジーニーはシリアスさもコミカルさも併せ持つキャラですので、キャラクター性としてもウィル・スミスがピッタリくるという意見は自然かもしれませんね。

アラジンと言えば何と言っても、作中でのミュージカルのような挿入歌の数々。
有名な「A Whole New World」の他にも様々な魅力的な歌が登場し、ストーリーを盛り上げてくれます。キャラクターの喜怒哀楽を歌で表現するのは、ディズニー映画ならではですね。

原作アニメ同様、本作でもアラジンやジャスミン、ジーニー、アブー、魔法の絨毯といった登場人物たちの心情や愛情が緻密に描かれており、原作への深いリスペクトを感じますね。その他原作アニメでは観られなかった意外な人物の活躍もあるかも?

実写映画としてのメリットを最大限活かした、涙を誘う展開は必見です!

スポンサードリンク

アラジン実写は面白いし泣けると感じるのはなぜか?

出典:シネマトゥデイ

やはり作品そのものへの高い評価が多かったですね。

原作アニメのコミカルさと感動を誘う展開を外さない、しっかりリスペクトした展開。それに登場人物たちの心情が余すところなく描かれており、実写化としての魅力を最大限活かした描写を高く評価する声が目立っていたと感じます。

そして作中を盛り上げてくれる挿入歌の数々。これも抜群の支持と評価を獲得していますね。原作アニメを視聴済みで、その魅力と感動を思い出した方も多いのではないでしょうか。

そしてジーニーをウィル・スミスが演じるという点も非常に話題になりましたね。

彼がジーニーの魅力を引き出し、なおかつ彼自身の個性を加えることで独自のジーニー像を確立した点も幅広い支持を獲得しているように見受けられます。

総合的にみて、ネガティブな評価よりもポジティブな評価の方が遥かに上回っていたことは事実ですね。

アラジン実写を視聴した著名人の評判や感想は?

様々な観点から振り返ると、『アラジン』はヒット作として大爆発する可能性がもともと存在していた題材だったのだということに気づかされる。しかし、爆発させるための火薬に火をつけるのも、その全てが爆発するように適切に火薬を配置するのも、スタジオや監督の手腕あってこそである。今回は、それを成し遂げたディズニーの周到さを、素直に評価したい。

こちらでは映画評論家の小野寺系さんの論評と考察が載せられています。
本作について、多角的な視点から評価され、制作陣の緻密な作品作りやキャスティングについて高く評価されていますね。

原作アニメにおいて「A Whole New World」を作曲し、本作でも音楽制作に携わったアラン・メンケンのコメントです。
彼の仕事に対するプロフェッショナルな精神を垣間見ることができますね。
作品自体についても、制作に関わったものの一人としてその出来を高く評価しています。

「実写になったことで作品の魅力もより増していますし、男の子も女の子も大人も楽しめる力を持っています。いろんな人を誘って吹替と字幕の両方を見ていただけるとうれしいです」

中村倫也さんはアラジン役で日本語吹き替えを担当されています。
インタビューでは自分の演技を謙虚に振り返りつつ、本作の魅力をアピールしています。

キュンキュンしてこんな恋愛がしたくなります。二人のキスシーンが最高すぎて、全ての年代の方がときめいちゃうと思います!

動画サイトやテレビ番組などで幅広く出演されるタレントのゆきぽよさん。
ディズニー映画の中で自分史上最高と絶賛されています!

「アニメーションを映像化するのは難しいんじゃないかと思ってたんですけど、想像を10倍、100倍、1000倍超えるぐらいに今の映像技術はすごいな。それをまとめる監督もすごいなと思いました」

本作にて、悪事を企むジャファーの日本語吹き替えを担当された北村一輝さん。
自らが演じたジャファー像について語りつつ、実写化の魅力について語られています。アニメーションよりも本作の方をおススメされていますね!

スポンサードリンク

アラジン実写はつまらないし嫌いor面白いし泣ける?著名人の評判感想も調査!のまとめ

今回はアラジン実写はつまらないし嫌いor面白いし泣ける?著名人の評判感想も調査! について各方面のご意見を中心に調べさせていただきました。
社会的にデリケートな問題であったり、キャスティングに不満を持つ声が一部あったことは事実です。

しかしながら純粋にディズニー映画の実写化を喜び、作品の出来を高く評価する声が多いですね

。その評価の通り、興行収入も大ヒット作と呼んで差し支えないものとなっています。原作アニメを知っている方もそうでない方も楽しめる作品であることは間違いありません。

是非劇場で観ていただきたいですし、DVDや動画サイトなど今後公開される様々なメディアでも楽しんでいただきたいですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク