糸映画の(初日)舞台挨拶や(完成披露)試写会日程いつ?当選倍率も気になる

今回は2020年4月24日に公開予定の糸映画の(初日)舞台挨拶や(完成披露)試写会日程いつ?当選倍率も気になる!についてご紹介していきます。

大人気の菅田将暉さんと小松菜奈さんが主演を務める事でも話題になっていましたが、新たに豪華キャストが発表されて大注目の今作なので舞台挨拶など早く知りたい所ですね!

では糸映画の(初日)舞台挨拶や(完成披露)試写会日程いつ?当選倍率も気になる!について詳しく見ていきましょう。

糸映画の舞台挨拶に試写会情報は?

早速ですが、 「糸」映画の舞台挨拶や試写会についての情報を見てみましたが、来年の公開と少し先なので情報が公開されていませんでした。

大体映画公開の2、3ヶ月前から情報が出てくる事が多いので、年明けくらいには情報が出るのかなと思いますね^^

楽しみに待ちましょう♪

出演する俳優さんがとても豪華な顔ぶれなので、舞台挨拶はスペシャルなものになる事間違いなしです!是非チェックしたい所ですよね(^^)

情報が出てきましたら、随時更新しますので覗きに来て頂ければと思います♪楽しみに情報を待ちましょう。

スポンサードリンク

糸映画の予告動画と作品情報

「糸」映画作品情報 

監督:瀬々敬久

原案:平野隆

脚本:林民夫

公開日:2020年4月24日

今作は数々のアーティストにもカバーされてきた中島みゆきさんの不朽の名曲である「糸」から着想を得て作られています。

監督を「64 ロクヨン」「感染列島」「有罪」などを手掛ける一流監督の瀬々敬久さん、脚本を「永遠の0」「藁の楯」「チア☆ダン」などで知られる林民夫さん担当で映像化しています。

素晴らしい曲と素晴らしいスタッフ、豪華なキャスト陣で制作された映画「糸」は必ず良い作品になるでしょう。

中島みゆきさんの「糸」が劇中でどのように使用されるのかも見どころとして楽しめそうですね(^^)予告動画が見られるのが待ち遠しいですね!

スポンサードリンク

糸映画のネタバレあらすじは?

出典:https://ito-movie.jp/

平成元年に産まれた主人公の髙橋漣と園田葵は平成13年お互いが13歳の時に運命的な出会いをするのですが、すぐにやむを得ない理由で離れてしまいます。

21歳になった時再び再会することになるのですが、離れていた時間は二人の中であまりにも大きく埋めることが出来ませんでした。

漣は職場であるチーズ工場の先輩・桐野香と、葵はファンドマネージャーの水島大介とそれぞれ恋愛をします。

平成の最後となる31年にお互い忘れることが出来ず、再会を願う二人は18年の年月を経て再び出会う事が出来るのです。二人のその「糸」の運命はどうなるのでしょうかーー。

漣の故郷である北海道や東京、シンガポールや沖縄などスケールの大きな物語になっています。

今作は平成を生きる二人の出会いと別れ、周りを取り巻く人物との出会い、別れ、そして平成という時代の背景をとても丁寧に描かれています。

糸映画 のキャスト情報

出典:https://eiga.com/

「糸」映画キャスト情報

・髙橋漣(菅田将暉)

出会いと別れを繰り返す主人公の漣を菅田将暉さんが演じます。演技の評価も高い菅田さんといえば「3念A組-今から皆さんは、人質です-」で俳優としての新境地を開拓しましたね(^^)

・園田葵(小松菜奈)

W主演として葵を演じるのは小松菜奈さんです。その美貌でCMやモデルでも活躍していますが、ドラマや映画で演技をしている小松さんもとても惹きつけられます。

・竹原直樹(成田凌)

若手俳優での中でも輝きを見せている成田凌さんは今回、漣の幼馴染の直樹を演じます。成田さんは演じる役によって印象がとても変わるので今作での演技にも注目したいですね。

・水島大介(斎藤工)

斎藤工さんは葵と恋愛関係になる大介役です。斎藤さんは「昼顔」で世の女性を虜にした色気が記憶に新しいですね。今回演じる大介は悪い男という設定のようなので楽しみです。

・桐野香(榮倉奈々)

瀬々監督作品には三度目の出演になる榮倉奈々さんは、主人公の漣と恋仲になる香を演じます。「余命一ヶ月の花嫁」で素晴らしい演技をした榮倉さんに監督が抱いている信頼が伺えますね。

スポンサードリンク

倍率はどれくらいになる?過去の作品から調査!

気になる「糸」の舞台挨拶の倍率ですが、そうそうたるキャストが揃っているので高くなると予想されます。

7月26日に全国公開された同じく菅田将暉さん主演の映画「アルキメデスの大戦」の完成披露試写会ではTwitterや公式サイト合わせて315組630名が募集されていました。

ペアなどで応募する場合が多いので実際の当選数は300程度と考えられるので、応募総数が1万通だったと仮定すると33倍となります。

注意したいのはこちらの「アルキメデスの大戦」の舞台挨拶は平日に行われたので、倍率は少し低くなったと予想しました。

「糸」のキャストや、もし休日の開催になった事を考えると応募総数は12000~13000通くらいになると思います。当選数300で計算しても40倍から43倍にはなりそうですね。

決して簡単な当選率ではないですが、登壇する俳優さんの顔ぶれを考えると、この作品の舞台挨拶は本当に目が離せませんね!

糸映画の(初日)舞台挨拶や(完成披露)試写会日程いつ?倍率も気になるのまとめ

では今回は糸映画の(初日)舞台挨拶や(完成披露)試写会日程いつ?倍率も気になる!についてお話させていただきました。

誰もが人生で経験する出会いや別れを演技力のある俳優さんが紡ぐストーリーという事で、映画の内容もとても興味深いですね(^^)

とても気になる舞台挨拶や試写会の情報などまた分かり次第随時更新しますので宜しくお願いします♪では本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク