人間失格映画は実話?(太宰治,小栗旬)原作との違いを比較検証!

今回は人間失格映画は実話?(太宰治,小栗旬)原作との違いを比較検証!という事で、9月に公開が予定されている衝撃作の「人間失格 太宰治と3人の女たち」ですが、実は太宰治の人生を基にしている作品であることは皆さんご存知でしょうか?

キャッチコピーとして「ヤバすぎる実話」と書かれていますが、どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションか気になりますよね。「そもそも人間失格ってどんな話だったか覚えていない!」という方も必見です。

今回は「人間失格映画は実話?(太宰治,小栗旬)原作との違いを比較!」ということで、人間失格のあらすじや実話部分について紹介していきます。

人間失格映画2019太宰治と3人の女たちの作品情報を確認!

人間失格 太宰治と3人の女たちの作品情報

  • 監督:蜷川実花
  • 脚本:早船歌江子
  • 主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリヤ鳴く空feat.チバユウスケ」
  • 上映時間:120分
  • 映画公開日:2019年9月13日
  • キャスト:太宰治(小栗旬)、津島美知子(宮沢りえ)、太田静子(沢尻エリカ)、山崎富栄(二階堂ふみ)

 

太宰治の実話を盛りこんだフィクション作品となっており、世界的写真家であり「さくらん」や「Diner ダイナー」などを手掛けた蜷川実花さんが監督を務めます。

太宰治の作品ではなく、「太宰治本人」の作品を作りたいとのことで、今回小栗旬さんがキャスティングされました。

蜷川実花さんの世界観で作りあげられた、太宰治の妻と愛人たちの目線から語られる「太宰治」はどんな姿だったのか、気になりますね。キャストもとても豪華で、いち早く視聴したい方には今後の舞台挨拶情報などは注目です!

スポンサードリンク

人間失格映画2019太宰治と3人の女たちのあらすじは?

出典元:eiga.com

「走れメロス」や「斜陽」など数多くの作品を世に送り出した文豪・太宰治妻の美知子との間には2人の子供がいます。

父親らしい一面を見せつつも、太宰は薬物中毒に4度の自殺未遂をするほど、私生活は荒れ狂っており、その中でも特に目立っていたのが女性関係だったとのことです。

妻子がいるのも関わらず、没落華族出身で作家志望でもある弟子の太田静子と、未亡人である山崎富栄の2人の愛人と関係を持っていたのです。

妻の美津子に勘付かれながらも静子と富栄は太宰に「子供が欲しい」とせがむ一方で、美知子は太宰に対して「もっといい作品が書けると」励まし、太宰は自身の最後の作品「人間失格」を書きあげます。

実話を盛り込んだと言われる「人間失格 太宰治と3人の女たち」は、どんな結末を迎えるのでしょうか。

人間失格原作小説のあらすじを確認!

小説の人間失格は葉蔵という1人の男の、子供の頃から高校生になるまでの人生を「はしがき」「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」「あとがき」という構成に分けて話が進んでいきます。

第一の手記は、葉蔵が幼少期の頃の話。他人が何を考えているのか理解できず、考えれば考えるほど不安と恐怖に襲われる日々を過ごしていた葉蔵は、自分を偽ることで両親や周りの人たちに「葉蔵はひょうきんな子」という印象を与えるのです。

第二の手記で中学生になった葉蔵は、クラスメイトの竹一に「自分を偽っている」ということがバレてしまいます。後に高校へ進学した葉蔵は同時に絵の塾にも通い始めます。

そこで出会った年上の堀木という青年に誘われ煙草や酒に溺れ、学校もサボりがちに。両親にもばれ、遊ぶこともできなくなった葉蔵はカフェで働いているツネ子と入水自殺をするのですが、葉蔵は一命を取り留め、父の友人ヒラメに引き取られることになります。

第三の手記では、高校を退学になった葉蔵はヒラメの家から逃げ出し、いろんな女性を頼りに生活していく姿を描いています。そんな生活を続けること1年。

煙草屋のヨシ子と結婚することを決めますが、家を訪ねてきた商人に強姦されてしまったヨシ子は葉蔵すらも恐怖の対象となってしまい、また葉蔵も酒に逃げる生活をするのです。

ある日、ヨシ子が持っていた睡眠薬で自殺をしようとするも失敗。麻薬中毒となってしまった葉蔵は、堀木とヒラメに脳病院に連れられ、「自分は人間として失格だ」と悟るシーンで終わります。

スポンサードリンク

映画の人間失格は実話って本当??具体的にどの部分が実話なのか検証!

出典元:eiga.com

「人間失格 太宰治と3人の女たち」は実話を基にしたフィクション作品ということで、実際どの部分が実話なのか調べてみました。

登場人物は実在している人物

今回の映画の登場人物全員はすべて実在した人物で、実際の太宰治の人間関係を描写しています。もちろん太宰治の妻と愛人たち、太宰治を批判していた三島由紀夫も本当に実在していた人物で間違いありません。

ただし、静子の弟で千葉雄大さんが演じる太田薫は、太田通が本当の名前だそうです。

予告動画を見る限り、本当に実在していた人物だからこそリアリティのある内容になっているのではないでしょうか。

無頼派

藤原竜也さん演じる坂口安吾と太宰治は似たような雰囲気の作品が多く「無頼派」と呼ばれていました。

太宰と同じくらい破天荒な生活を送っていた安吾は太宰のことを「常識人である」と話しており、一緒にお酒を飲みに行くほど2人の交友関係は親密で、予告動画でも似たようなシーンがあることが分かります。

2人が通っていた「ルパン」というバーは今も銀座にあり、太宰の遺品も飾られているそうなので、気になった方はぜひ行ってみてください。

スポンサードリンク

映画の人間失格と原作小説との違いはあるのか比較してみた!

出典元:eiga.com

次に、「人間失格 太宰治と3人の女たち」と原作の相違点を調べてみたところ、原作と映画で大きく違う点が見つかりました。それは、愛人関係です。

あくまで噂程度ではありますが、小説「人間失格」の主人公である葉蔵は太宰治がモデルと言われており、葉蔵も太宰も、生涯において何人もの女性と関係を持っていた点や薬物中毒、何度も自殺未遂をしていた点。

確かに太宰治の人生と似ている点が多いです。しかし、その中でも結婚後の愛人関係に相違があるのです。

葉蔵は結婚後、愛人を作るわけでもなく妻のことを一番に考えていましたが、妻から拒絶されてからはお酒に溺れるようになります。

しかし、太宰は結婚後も妻とはうまくやりながらも愛人たちとの関係を作っていました。

葉蔵と太宰はそれぞれ孤独を抱えている点では似ていますが、孤独の埋め方は違ったのです。

人間失格映画は実話?(太宰治,小栗旬)原作との違いを比較検証のまとめ

人間失格映画は実話?(太宰治,小栗旬)原作との違いを比較!について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

小栗旬さん、宮沢りえさんを始めとする豪華なキャスティングに実話が基になっているとのことで、とても興味深い作品になっています。

実話という事で原作の方も確認しましたが、原作の方が闇が深い感じがして暗い雰囲気が漂いました。

やはり映画という事、そしてきらびやかな独特な世界観を持つ蜷川実花監督が作り上げているとう事もあり、また違った雰囲気の人間失格が楽しめそうですね。

若い世代にも人気の高い太宰治。文豪としての成功の裏にある妻や愛人たちとの関係に、なにを思って「人間失格」を書きあげたのかなど、実話だからこそ描けた私たちの知らない太宰治を観ることができると思います。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク