きみと、波にのれたらネタバレあらすじを結末ラストまで紹介!

今回は話題作、きみと、波にのれたらネタバレあらすじ結末ラストは?といことで詳しくお話していきます。

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』の公開からおよそ2年振りとなる、湯浅政明監督待望の新作映画になります。前作では、日本アカデミー賞の受賞経験を持つアニメ映画の巨匠監督としてファンの方も多いですね。

また、今作は海にまつわる恋愛アニメーション映画ということで、その内容がとても気になります♪

作品やキャスト情報も織り交ぜつつ、早速きみと、波にのれたらネタバレあらすじ結末ラストは?について確認していきましょう!

きみと、波にのれたら作品情報とキャスト

(出典:きみと、波にのれたら公式HP)

作品情報
監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE
映画公開日:2019年6月21日
キャスト:片寄涼太(雛罌粟港)・川栄李奈(向水ひな子)・松本穂香(雛罌粟洋子)・伊藤健太郎(川村山葵)

日本アニメーション業界の巨匠、湯浅政明監督による新作恋愛アニメーション作品。これまでにも数々の受賞経験を持ち、世界に名を馳せる名監督としても有名です。更に、前作の公開から約2年振りということで一層の期待が高まる作品です。

また今作の主演声優には、人気音楽グループGENERATIONSのメンバーである片寄涼太さんと、元AKBメンバーで現在は女優として活躍されている川栄李奈さんが抜擢されました。

若者を中心に人気を集めるお二人の出演ということで、公開前から大きな話題を集めていました。果たして、そんなお二人の演技力は一体どうだったのでしょうか?そちらも見どころになるポイントです♪

スポンサードリンク

h2>きみと、波にのれたらあらすじ~ひな子と港の出会い~

(出典:映画.com)

サーフィンをこよなく愛する主人公【向水ひな子】。そんな彼女は大学卒業を機に海辺の町へと引っ越してきた。

ある日のこと、近隣で打ち上げられた花火がきっかけで火災騒動の事件が起こります。そこで消防士である雛罌粟港】と出会い、二人は恋に落ちるのでした。

気の合う二人は順風満帆な毎日を過ごしていきますがある日、悲しい事件が起きるのです。それは港が一人でサーフィンに行った日の事、海で溺れている人を助ける為に自らの命を失ってしまったのです。

大切な人を亡くしてしまったひな子。海がトラウマとなり大好きなサーフィンもやめて、悲しみのどん底を感じながら毎日過ごしています。

そんなある日、ひな子は港との思い出の歌を口ずさみます。すると、目の前にはなんと死んだはずの港が現れたのです。しかし港は水の中でしか姿を現すことが出来ず、さらにその姿はひな子にしか見えにというものだったのです。

以前みたいに手を繋ぐことやお互いに触れることは出来ませんが、どんな形であれひな子は港とまた一緒にいられることを心から喜び幸せを感じていました。

※以下から結末までネタバレしていきます!

きみと、波に乗れたらあらすじネタバレ結末!ラストはどうなる?

(出典:映画.com)

ひな子と港が出会うきっかけとなった火災騒動から約一年後のある日。

花火を打ち上げた輩グループが再び集まって、今年も同じ場所で花火を打ち上げようと企みます。その姿を、ひな子は港の妹雛罌粟洋子と尾行していました。

しかし、ひな子と洋子もその火災に巻き込まれてマンションの屋上で置き去りになってしまうのです。

火の手が上がり、自分たちだけでは逃げ出すことが出来ない状況の中、ひな子は港に助けを求めようと考えました。しかし、ある一つの悩みが彼女の頭をよぎります。

それは、港の存在が完全に消えてしまうかもしれないという不安でした。

ひな子に呼ばれると必ず姿を現していた港でしたが、実はその存在が呼び出されるごとにどんどんと薄くなってきていたのです。

『これが港に会える最後のチャンスかもしれない…』と思いつつ、ひな子は洋子を助ける為に覚悟を決めてあの思い出の歌を口ずさみます。

すると、ビルに上がった炎を鎮火しながら昇っていく大量の水と共に港が現れました。

ビルの上まで到達した水が最後、波のように下へ落ちていくときに洋子を乗せてサーフィンのように降りていくよう港に指示を受け、ひな子はあの日以来やめてしまっていたサーフィンを克服するのでした。

無事に洋子を乗せて地上に降り立った時、港はいつもの優しい笑顔と共にひな子の目の前から姿を消していったのです。

ーーー

そこから時は経ち、クリスマスを迎えた日のことでした。

ひな子と港の思い出の場所であるイルミネーション会場であるメッセージがアナウンスで流れてきました。それは、一年越しに届いた港からのクリスマスメッセージだったのです。

『ひな子、メリークリスマス。これからのクリスマスはずっと一緒に過ごそう。ずっと、ずっと、ずっと。』

季節は変わって海の綺麗な夏を迎えました。

ひな子は、サーフィンのインストラクターとして今日も波へと乗り続けるのでした。

スポンサードリンク

h2>きみと、波にのれたら感想評価とまとめ

数々の話題アニメ作品を手掛ける湯浅監督の最新作!ということで、ネット上では期待に胸を膨らませていた方々も多く見受けられましたね。

前作とはまた一味違った、初夏を感じる涼しげなストーリー設定にも心を魅かれました。

また、主人公が不慮の事故で命を落としてしまうという悲劇的展開も、今作のストーリーに引き込まれる重要なキーポイントだったように思えますね。

鑑賞された方の意見の中には、ストレートすぎるストーリー設定に物足りなさを感じる方もいらっしゃるようですが、逆を言えばそれは子供から大人まで楽しめる作品になっているということかと思います♪

上海国際映画祭でアニメーション最優秀作品賞を受賞しているほどの注目作ということに間違いはありません。

それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク