ジブリの大博覧会沖縄ローソン前売り券チケット買い方!混雑状況感想口コミは?

今回はジブリの大博覧会沖縄ローソン前売り券チケット買い方!混雑状況と感想口コミは?という事で今年に創設30年を迎えたスタジオジブリ。風の谷のナウシカやとなりのトトロなどを手がけ、年齢層を問わず人気作品が多いのも特徴です。

そんなスタジオジブリが全国を巡りながら特別なイベントである、ジブリ大博覧会を開催しているのはご存知でしょうか。沖縄と言ってもどこで開催するの?前売り券とかあるの?混雑状況知りたい!

など、皆さんさまざまな疑問があると思います。

今回はこれから沖縄で開催されるジブリ大博覧会について、前売り券チケットの購入方法や混雑状況の予想、また過去のジブリ大博覧会の感想口コミを参考紹介します。

では早速ジブリの大博覧会沖縄ローソン前売り券チケット買い方!混雑状況と感想口コミについての確認です。

ジブリの大博覧会沖縄のアクセスや期間日に休館日などを確認!

・開催場所 沖縄県立博物館・美術館

・開催期間 2019年7月13日〜9月8日

・休館日 毎週月曜日

・開館時間 火・水・木・日は9時から18時まで。金・土は9時から20時まで

・最終入館時間 閉館時間の30分前

沖縄での開催場所は”おきみゅー”という愛称でお馴染みの沖縄県立博物館・美術館の、2階と3階にある企画ギャラリー1と企画ギャラリー2で行われます。

公共交通機関でのアクセス方法はモノレールもしくはバスの2択となりますが、どちらも那覇空港から乗り換えなしで向かうことができます。

沖縄都市モノレール「ゆいモール」を利用する場合は、那覇空港駅から乗車し、おもろまち駅で下車。そこから沖縄県立博物館・美術館まで歩いて向かうことができます。

所要時間としてはモノレールで20分ほど、徒歩で10分程なので、約30分ほどで到着となります。

バスの場合は、那覇空港駅発の99番線宜野湾出張所方面へ乗り、11駅目の「おもろまち3丁目」で下車。そこから徒歩で5分ほどで到着。

同じく空港発の120番線名護バスターミナル方面へ乗り、17駅目の「上之屋」で下車すると徒歩10分ほどで到着です。道路の混雑状況にもよりますが、どちらもモノレールと同じく30分ほどで到着です。

ジブリの大博覧会は、創設30年を迎えたスタジオジブリが第1作目である「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、作品とともに今までの軌跡を振り返るジブリ好きにとってはたまらない博覧会となっています。

2015年9月に愛知県の愛・地球博記念公園で初めて開催されたのを皮切りに、新潟、東京、長崎、富山など全国を巡り、2019年の沖縄での開催で最後です。

公開当時に映画館等で目にすることがあったポスターやフライヤーの展示や、実際に触れることができる展示品、スタジオジブリが手がけた全22作品がどのようにして生まれたのか、そこから世に出るまでの制作秘話を未公開である膨大な数の資料をご覧ください。

スポンサードリンク

ジブリの大博覧会沖縄の前売り券チケット買い方は?ローソンやセブンイレブン、ファミマでも購入できるの?

次にチケットの情報です。

・前売券 大人1,200円、高大高専800円、中学生500円、小学生以下無料

・前売券購入可能店舗 ミュージアムショップゆいむい、ローソンチケット、RBCチケット、イープラス、チケットぴあ、セブンチケット、デパートリウボウ、コープおきなわ(寒川店、牧港店を除く)

・当日券 大人1,400円、高大高専1,000円、中学生700円、小学生以下無料

前売券は2019年6月10日から販売開始で、沖縄県の購入可能店舗だけではなく全国のコンビニでも購入可能です。

ローソンチケット、セブンチケット、イープラス、チケットぴあはネットでも申し込みができ、ローソン、セブンイレブンやファミリーマートで受け取ることができるので、自宅にいながらジブリの大博覧会のチケットを購入することができます。

ただし、開催期間の7月13日以降は、前売り券の料金ではなく当日券の料金となってしまいますので、購入を検討している方は、早めの購入がおすすめです。

スポンサードリンク

ジブリの大博覧会沖縄の混雑状況と感想口コミは?予想してみた!

沖縄の開催は7月からなので、まだ混雑状況や実際の感想をまだ確認できないのですが、現在開催されている福岡などの混雑状況や感想口コミを紹介していきます。

これから行こうと考えている方や行こうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね♪また沖縄が開催されましたらそちらの感想なども載せていきますので楽しみにしていただきたいと思います。

展示だけではなく、ジブリグッズの販売も行われています。ジブリの大博覧会のビジュアルポスターやご当地限定デザインのグッズも販売されているので、記念に購入すると思い出になりますね。

壁の展示物だけではなく、大きな展示物も近くで見ることができます。それぞれの展示内容にちなんだ世界観も作られているのが見どころですね。

休日だと入場の時点で1時間から2時間待ちになったりするそうです。当日券を購入するだけでも多くの人が並んでいるかもしれないので、あらかじめ前売り券を購入していたほうがいいかもしれません。

開催場所ならではの展示もあります。休日に限らず平日も混雑しているようですが、沖縄での開催期間中は夏休みと被っており、家族連れや旅行に来た方などさらなる混雑が考えられます。

誰しも一度は乗ってみたいと思うネコバスも展示されています。ジブリの大博覧会に展示されているネコバスは写真撮影もできますし、大人の方でも実際に乗ることができるので、ぜひ乗ってみてください。

ジブリの大博覧会沖縄の前売り券チケット買い方!混雑状況と感想口コミは?のまとめ

では今回はジブリの大博覧会沖縄前売り券チケット買い方!混雑状況と感想口コミも!という事で、前売り券チケットの購入方法や混雑状況、感想口コミを予想してきました。

混雑状況を見ていると休日だけではなく平日も混雑していることから、スタジオジブリ作品の人気の高さが伺えます。

沖縄県立博物館・美術館の開館に合わせて行っても既に30分待ちになっている可能性もあるので、時間帯に関わらず必ず水分補給や日傘を使用し、熱中症対策をしっかり行ってくださいね。

次の沖縄での開催で最後となります。この機会にジブリの大博覧会で30年分のスタジオジブリの軌跡をぜひ振り返ってみてください。

では本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク