風立ちぬ映画の舞台は軽井沢?モデル場所一覧!聖地巡礼しよう!

今回は風立ちぬ映画の舞台は軽井沢?モデル場所一覧!聖地巡礼しよう!という事で、スタジオジブリ長編作、風立ちぬ。大正から昭和にかけて激動の時代を駆け抜けた日本で、ひとりの青年が夢を追いかけて突き進んでいました。

堀越二郎。飛行機に憧れた主人公が、ゼロ戦を完成させるまでの半生を描いたのが、宮崎駿監督が手がけた風立ちぬです。

しかし、この物語はノンフィクションではありません。ゼロ戦の設計者、堀越二郎と、堀越二郎をモデルに小説を執筆した、小説版風立ちぬの作者、堀辰雄。このふたりの人生を融合して作り上げた物語なのです。

そのため、映画で描かれたモデル地は、堀越二郎と堀辰雄の両方にまつわる場所が多くあります。今回は、映画版風立ちぬの聖地巡礼といたしまして、軽井沢と名古屋に足を運んでみましょう!

では早速風立ちぬ映画の舞台は軽井沢?モデル場所一覧の紹介です。

風立ちぬ映画の舞台〜二郎と菜穂子の出会いの場所・万平ホテル

二郎と菜穂子の再会の場所は、軽井沢市に位置するモダンで素敵なホテルでした。菜穂子が結核の療養で来ていた、言うこともあり、空気が綺麗で自然に溢れた場所です。

映画の中でも、ホテルで過ごす人びとは身なりのよい紳士淑女が多かったですよね。実際の万平ホテルも、日本の歴史に名を刻んだ有名人、東郷平八郎三島由紀夫、そしてジョン・レノンも宿泊したことでとても有名なのです!

劇中で、二郎が菜穂子の父親に婚約の報告をしていたレストランももちろんあります。ホテルの外見からも期待できるほど、おしゃれな内装になっています。

1泊3〜4万円程度と、ちょっと贅沢するにはちょうど良い金額感なので、興味がある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

万平ホテル:〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢旧軽井沢925

スポンサードリンク

風立ちぬ映画の舞台〜旧富士見高原療養所

万平ホテルで二郎と出会ったあと、菜穂子は結核治療のため、ひとりで療養所に行く決意を固めました。その時に入院していたのが、旧富士見高原療養所です。

すでに取り壊されているため、実際に見に行くことはできませんが、ここではかつて多くの人が結核の治療で入院していました。

その中には、堀辰雄とその妻もいたのです。当時の結核治療には有効な手段は見つかっておらず、きれいな空気を吸いながら安静にしているという、大気安静療法が用いられていました。

そのため、劇中のようにバルコニーに並べられたベッドの上で、毛布にくるまって過ごしていたのです。

知り合いも誰もいない寂しい療養所で、良くなることを願いながら菜穂子は何を思っていたのでしょういか?飛行機の設計に奮闘する二郎が元気に過ごしているか、プロジェクトは無事に進行しているのか、そして飛行機は無事に飛ぶのかどうか。

空を見上げながら、いつか二郎の飛行機が見えること、二郎に会えることを願っていたと思います。

すでに取り壊されてしまった旧富士見高原療養所ですが、資料館が残っているようですので、興味がある方は訪れてみてください。

旧富士見高原療養所資料館〒399-0214  長野県諏訪郡富士見町落合11100

スポンサードリンク

風立ちぬ映画の舞台〜名古屋航空宇宙システム製作所・大江工場

東京帝国大学を卒業した二郎は、飛行機の設計家になるために三菱内燃機製造株式会社に就職しました。場所は現在の名古屋航空宇宙システム製作所の大江工場に当たります。

本庄とともに切磋琢磨し、黒川に厳しく指導されながら、二郎はここでゼロ戦を生み出したのです。

二郎が設計したゼロ戦は、戦争で日本を離れたあと、1機も戻ることはありませんでした。それでも、その経験を糧にこの場所で、たくさんの飛行機生み出されているのです。「美しい飛行機」に憧れた二郎の思いは、現代にも引き継がれていることでしょう。

名古屋航空宇宙システム製作所には史料館がありますが、現在は老朽化のため見学の受付を休止しているようです。リニューアルの予定もあるようなので、再開した際はぜひ見学に行きましょう!

名古屋航空宇宙システム製作所:〒455-8515 愛知県名古屋市港区大江町10番地

風立ちぬ映画の舞台は軽井沢?モデル場所一覧!聖地巡礼しようのまとめ

出展:https://matome.naver.jp

では今回は風立ちぬ映画の舞台は軽井沢?モデル場所一覧!聖地巡礼しよう!という事で、風立ちぬの舞台である、軽井沢と名古屋にある聖地を紹介しました。

風立ちぬの見どころは、美しい飛行機を夢見た二郎の生き樣と、どこまでも美しかった菜穂子のまっすぐな心です。そんな見どころを思い出しながら、聖地巡礼するのはいかがでしょうか?

飛行機へのロマンを感じられる名古屋航空宇宙システム製作所、二郎と菜穂子の幸せてで楽しい時間を見守った万平ホテル、そして菜穂子だけでなく、小説版風立ちぬの作者、堀辰雄とその妻が病と闘った旧富士見高原療養所。

風立ちぬをもっと楽しむために、そして激動の時代を歩んだ日本を知るために、ぜひ足を運んでみてください。

では本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク