きみの鳥はうたえる映画のネタバレあらすじ!結末ラストまで!

今回はきみの鳥はうたえる映画のネタバレあらすじ!結末ラストまで!という事で、今作品は初日満足度が1位(9/3Filmarks調べ)だったということで、期待が高まる映画ですね。

映像がとてもキレイでどのシーンも良いなと思える映画なのですが、どんな内容なのでしょうか?早速きみの鳥はうたえるのネタバレあらすじを結末ラストまで紹介していきます。

>>きみの鳥はうたえる映画動画フル無料視聴!安全に見るならこちら

きみの鳥はうたえる映画の作品情報とキャスト〜

  • 監督 三宅唱
  • 原作 佐藤泰志 きみの鳥はうたえる
  • 脚本 三宅唱
  • 映画公開日 2018年9月1日

 

キャスト:柄元佑(僕役) 石橋静河(佐知子役) 染谷将太(静雄役) 足立智充(森口役) 山本亜依(みずき役) 渡辺真起子(直子役) 萩原聖人(島田役)

きみの鳥はうたえるは、北海道函館を舞台にした小説が原作なのですが、佐藤泰志は他の小説にも同じ北海道函館を舞台にした小説があります。

きみの鳥はうたえるは芥川賞にノミネートされるも受賞とはならなかった作品で、41歳の時に自ら命を絶っています。

しかし20年経った今、佐藤泰志の小説は高く評価されており、2014年公開の綾野剛主演で話題となった「そこのみにて光輝く」も同じ佐藤泰志が原作です。

監督の三宅唱は舞台となる北海道出身であり、北海道の良さを上手く引き出し映像に映し出しています。

この映画では3人の登場人物が出てくるのですが、僕役の柄本祐は「居眠り磐音」7月26日公開の「アルキメデスの大戦」2019年公開予定の「火口のふたり」の3つがあります。

そしてきみの鳥はうたえるで、毎日映画コンクールの男優主演賞とキネマ旬報賞の主演男優賞を受賞しています。映画だけではなくドラマでも活躍しており、安藤サクラと結婚もしています。

佐和子役の石橋静河も公開予定の作品が7月5日公開の「いちごの唄」2019年公開予定の「楽園」があります。

ちなみに「楽園」では柄本祐の父である柄本明も出演しています。石橋静河は4歳からクラシックバレエを始めており、コンテンポラリーダンサーとして活動しながら女優業も行なっています。クラブシーンでの佐和子の踊るシーンは見所ですね。

静雄役の染谷将太も公開予定の作品が5月31日の「パラレルワールド・ラブストーリー」6月6日公開の「聖☆おにいさん 第Ⅱ紀」6月14日公開の「旅のおわり世界のはじまり」の3つで、なんと3週連続となります。

>>きみの鳥はうたえる映画動画フル無料視聴!安全に見るならこちら!

スポンサードリンク

きみの鳥はうたえる映画のネタバレあらすじ

出典:https://eiga.com

函館の少し外れた町の本屋さんで働く僕は仕事を無くした静雄と一緒に住んでいた。静雄とは冷凍倉庫で勤務していた時に出会った仲で、なんとなく親近感を感じた2人はルームシェアをする事に。

同じ本屋さんで働く佐和子といつからか3人で夜通し酒を飲み、踊る日々。いつ終わってもおかしくない3人の仲を描いた夏の話ーー

きみの鳥はうたえる映画のあらすじネタバレ結末

出典:https://eiga.com

サボり癖のあった僕が本屋さんを無断で休んだ夜、佐和子と本屋さんの店長が2人で歩いているのを目撃する。

店長の愛人になっていた佐和子は僕とすれ違うのだが、少し待ってみると佐和子が側まで寄ってきた。

そして僕はこの後飲みに行く約束をするのだが一旦眠ってしまい、佐和子との約束を破ってしまう。その夜に兄からお金を借りて帰ってきた無職の静雄と僕は一緒にオールナイトの映画を観に行くのだった。

佐和子には寝てしまい待ち合わせ場所に行けなかった事を伝えるのだが、佐和子は気にする様子も無かった。

ある日佐和子が僕の家に来ることになり、そのまま男女の関係に。途中で静雄に気付かれてしまうものの何事もなかったかのように振る舞い、その後静雄を含めた3人で飲みに行く。

さっきの事は無かったかのように、昔からの知り合いのように話しも弾み、お酒も進む。やがて3人はお酒を飲み、タバコも吸って、ビリヤードや卓球、ダーツなどで遊び、クラブに行って踊りまくって、朝まで飲み歩くように。

夏の終わりに近づく頃、通いつめていたお店の恒例行事である海水浴のイベントに誘われるのだが僕はなんとなく、理由はなかったが行くのを断り静雄と佐和子の2人だけが行った。

2人が帰って来た時、静雄と付き合う事になったと佐和子から報告を受ける。僕は静雄と佐和子が出会って良かったと言葉をかけるのだが、僕は佐和子が好きだと、僕の思いを伝えるのだった。

>>きみの鳥はうたえる映画動画フル無料視聴!安全に見るならこちら!

スポンサードリンク

きみの鳥はうたえる映画の感想と評価

・石橋静河ちゃんのとりこになりました。佐和子の表情の切ない部分も感じられました。

・丁寧に作り込まれていた。最後の終わり方がすごく良かったです。

・言葉が少なく、 一つ一つの映像が長かったのですが、それがすごく良かったです。

きみの鳥はうたえる映画のネタバレあらすじまとめ

きみの鳥はうたえる映画のネタバレやあらすじは?という事でしたが、この映画を上手くまとめるのは難しかったです。

セリフのないシーンなども多く、今どんな気持ちなのかと、、どんな事を言いたがっているのかなと、、答えがなく、映画の中でも語られない気持ちのシーンの描写が多いと感じました。

僕はどう思っていたのか、佐和子の考えている事や行動の意味、静雄の家族との関係など、ぜひこの作品を視聴していただき、各々の想いを感じ取っていただきたいと思いました。

では本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

>>きみの鳥はうたえる映画動画フル無料視聴!安全に見るならこちら!

スポンサードリンク

スポンサーリンク